*

ワールドカップとJリーガーブログ

   

さて、昨日帰国した岡田ジャパンはさわやかささえ残しながら微笑ましく幕を閉じました。今野「アツマレ~」面白かったです。森本の南アフリカの歌、良かったです。なんか言葉になりませんが、ぐっときました。こうして、日本の南アフリカ大会は終わりました。
そんな中、偶々ですけど、ガンバの安田ミチのブログを見てたんですけど、現役のJリーガーってあんまり日本代表の事書いてないんですよね。安田なんかは、少し前までは代表に呼ばれたりしてましたので、なかなか書き辛いというか、くやしさもあったりするんでしょうね。「もし自分がそこにいたら」って考えたら、なかなか僕らみたいにお気楽に「感動をありがとう」なんて言えない気はします。
サガントスの方では、2010年7月現在、日高と萬代くらいしかブログやってませんが、この二人も深く突っ込んで書いてません。日本代表の選手とも、チームメイトだったり、面識あったりするだろうし、例えJ2リーガーであっても、自分たちも代表候補という心意気もあるでしょう。それに同じプロとして、僕らにわからない、ブログなんかでよそ行きの顔で言えない思いもあるんでしょうね。
現状に満足してないって意味では、プロとして当然。そうでなきゃ、プロサッカー選手としてやれてないでしょう。選手の本当の気持ちなどとてもわかりませんが、なにかも選手の思いを垣間見た気がします。
頑張れ。

 -サッカー全般

ad

藤田君に薦めたい本

   

さて、我らがサガントスでルーキーながらレギュラーを張っている藤田直之くん。
彼のプレーは、ライナーで飛んでいく正確なパスが最大の武器。福岡大学では主にトップ下でプレーしていたらしい。サガンでは、その中長距離の正確なパスが評価されてか、ボランチでプレーしている。
開幕前のテストマッチから思ってたが、元々が攻撃的な選手だからか、一発を狙うプレーが多く、ボランチとしてのリスクマネージメントに欠ける部分があるなあと感じていた。例えば、難しいがここを通すと得点という選択と、一旦サイドのフリーの選手に出すという二つの選択肢があるとして、より難しくてもより得点に近いほうを選択する、そんな選手なのだ。
持ったらどうしても狙っちゃうので、「こりゃカウンター喰らうケースが増えるだろうなあ」と思っていたら、案の定、ゲームがコントロールできずに、カウンターを喰らうケースが増えてきた。そしてサポーターからはプレーが軽いと叩かれだした。
いい選手なんだけど、もう少し考える事ができればもっといい選手になると思う。開幕からスタメン張るって事は、そのポテンシャルは評価されてるんだろうし。なんかJリーグ新人研修とかで、テストで100点満点とったらしいので?、考える事も本当は十分に出来るんではないだろうか。知らないけど。
そんな事を日頃思っていた訳だが、今日本屋で、藤田君におススメしたい本に遭遇した。風間八宏が最近だした日本サッカーを救う「超戦術」 (ベースボール・マガジン社新書)だ。

日本サッカーを救う「超戦術」 (ベースボール・マガジン社新書)

日本サッカーを救う「超戦術」 (ベースボール・マガジン社新書)

  • 作者: 風間八宏
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2010/05/06
  • メディア: 新書

超簡潔に言ってしまうと、「言われたまんまじゃなくて、「勝つ」ために考えてやりなさい」って事。遠藤と長谷部の話が出てくるが、まさにこれ。よく周りを見て、状況を見て、試合を作る。本人にしてみればきっと大きなお世話だろうが、ボランチとして開眼してくれる事を祈る。本当に結構期待してるぞ。

 -サガントス

ad

  関連記事

2015 第95回天皇杯

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦vsコンサドーレ札幌

先ほど現地より帰宅。まあなんというか、寒いし微妙な内容の試合だった。先発は3-4-3のシステム。豊田 […]

2015 2nd ステージ 第12節(H)ヴァンフォーレ甲府戦

今節は土曜の15時キックオフの為、現地に行くことができず先ほどスカパー録画観戦。結果は非常に残念な結 […]

東アジア杯VS韓国戦 藤田直之選手代表デビュー

昨晩行われた東アジア杯の韓国戦で、藤田直之選手が代表で初出場しました。初キャップおめでとう! 相手は […]

no image

MF10・金民友選手 韓国代表メンバーに選出のお知らせ

ミヌが韓国フル代表に選ばれたようです。以下オフィシャルより。 MF10・金民友選手 韓国代表メンバー […]

日高拓麿、引退

日髙拓磨選手 現役引退のお知らせ(カターレ富山) かつてサガン鳥栖に所属した日高拓麿選手が引退を発表 […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第3節 (H)仙台戦

中三日で続けてのホームゲーム。水曜ナイトゲームのナビスコカップ。マッシモ監督は、大方の予想を裏切りフ […]

no image

2013J1第11節vsアルビレックス新潟戦(HOME)

先ほど現地より帰宅。相当な駄目試合だと思う。悪い面ばかりが出た。新潟は狙い通りの得点。2点目の成岡の […]

2015 2nd ステージ 第14節(H)名古屋グランパス戦

先ほど帰宅。残念ながら勝利とは行かなかったが、久しぶりにホームらしい勇気のある戦いが見れた。試合は0 […]

2017 J1第15節(H)ベガルタ仙台戦

梅雨だというのに晴れ続きのいい天気。夕方には気温も落ち着いてサッカーするには絶好の気候。代表戦による […]

no image

ユン監督解任

衝撃的なニュースがひとつ。ユン監督解任。実際何があったかは、誰にもわからない。その前提で個人的な感想 […]

ad

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly