*

チームを強くする試合観戦なんてあるのか

   

かれこれスタジアムまで足を運んでJリーグの試合を見るようになって、10年以上は経つ。
正直、私はゴール裏と言われる文化にはいまだに馴染めていない。
第一、自分がレプリカユニホームなんて着ること自体が考えられなかった。今では当たり前にレプリカ着用だけど、こんな事でさえ恥ずかしくてできるかと思っていた。今は、レプリカを来て試合を見てるけども、10年前の自分が10年後こんな事になってると知ったら驚くだろう。先のことはわからんもんだと思う。
私が思うに、一見客がレプユニを購入するようになるまでには大きな壁がある。チームにはまっている人からすれば、「なぜそんな簡単な事が」とお思いでしょうが、一見さんからすると、サッカー見るために制服そろえるなんて変な宗教にすら見えてしまう可能性すらある。Jリーグがマニア化しているのは確かだと思う。まあ、Jリーグに限らず、趣味が様々に多様化・細分化し、それぞれがマニア化しているのが現状だとは思うけど。


自分の経験からして、
一見さん→リピーター→手を叩き出す→レプリカ着てる人が偉いと思い出す→そのうち声を出す人が偉いと思い出す
大体はまっていくに従って、だんだんとスタジアムに蔓延る価値観に染まっていく。最終的にマスゲームみたいな応援で相手チームにジャックされたとかなんとかいいだす。確かにマスゲームもそれ自体が迫力があるし、日本には運動会の応援合戦みたいな文化的下地もあんのかもしれない。
でもやっぱり、ピッチでいいプレーをして、勝利をつかむ事が最良の事であって、マスゲームがどうあれ関係ない。熱心になってくると「俺が応援で勝たせる」などという人は結構な数いらっしゃる。それはそれでやって頂いていい。強制するものでなければ。
チームを強くするというのは、単純に、いいプレーには拍手し、怠慢なプレーにはブーイングや野次を飛ばす。単純にこれだけのことだと思う。但し、自分自身にも「見る目」が要求される。ボールを奪取するラインが決めてあるのに、「走れ~」とかサポーターが絶叫したからといって、FWが単独で無理にボールチェイスするのは、サポ受けはいいけど、無駄な体力を消耗しているとしかいいようがない。チームが今何をしようとしているのか、そして、今求められているプレーは何なのか、それをきっちり理解しようとしないと、本当にただの野次になってしまう。それも勝たせない野次。
そのプレーの質の良否はどう判断するのって?答えはない。自分で判断して、声を上げるしかない。その時、自分自身が試される。ただの酔っ払いと失笑されるのか、それに合わせて周りが声を上げるとか、反応が出てくる。そういう意味でも、プレーを褒めたり叱責したりすのは、サポ自身も真剣勝負だ。
サポもサッカーを見る目が鍛えられ、それがチームに還元される。声が後押しする、それもそれでいいけれど、単純に丹念にシビアに選手を見てあげるのも選手を育てチームを育てる事に繋がると思う。
只今大絶賛吊るし上げられ中のサッカーライター杉山茂樹氏。知らない人はググってください。
この人が某コラムでこんな事を書いている。
応援と観戦の乖離
http://news.livedoor.com/article/detail/3464450/

たとえば「カンプ・ノウ」に応援団はいない。試合中のスタンドは、滅茶苦茶静かだ。しかし、だからこそ、時にわき起こる歌声には迫力がある。ため息にさえ殺気を感じる。98,000人の観衆が瞬間、一斉にどっとつくため息だからである。ピッチに集中していない観衆が誰もいないことを意味するため息が、巨大なスタンドに響き渡った瞬間、そこには止めどもない戦慄が走る。
 それこそ小さなパス一つにも、拍手が出る。汚い反則をした相手選手にボールが渡れば、そのたびに、スタジアムにはブーイングが湧き起こる。アウェーサポーターの応援がこだますれば、すかさずそれを打ち消す口笛が、それを遥かに超える迫力で響き渡る。

正直、日本-世界という構図を持ち出して世界素晴らしいみたいに読める理屈が気に入らんけど、まあ大体同意する。チームを強くするのは、サポーターがプレーそのものに対してシビアになる事。オシムとかもサポが厳しくするべき的な事を言ってるけど、これはそういう事だと思う。厳しくするというとかなりの確率で間違った伝わり方をするのが目に見えるが、座る込む事でもバスを囲む事でもフロントを引っ張り出して土下座させる事でもない。
ゴール裏文化も否定しないけど、単純に選手のひとつひとつのプレーを厳しく見るという事こそが大事だと思う。それが、チームを強くしようとするサポのひとつの使命だと、私は思う。
金がなくてもビラ配りでなくても選手をチームを強くする事は、まだ出来るかもしれない。

 -サガントス

ad

  関連記事

no image

がまだすリーグ2011

今日2/20、毎年恒例のがまだすリーグに行ってきました。ここ数年は皆勤賞のような気がします。今年は風 […]

2016 2nd ステージ 第8節(H)川崎フロンターレ戦

毎日毎日暑い。雨も降らず気温も35度を越えてくる。選手にとってはきつい季節が続く。そして相手は首位川 […]

2017 J1第13節(H)コンサドーレ札幌戦

今更ながら先週末のコンサドーレ札幌戦について備忘録。この日は新しい企画として「値段のないスタジアム」 […]

no image

田中輝和選手 横浜FCより期限付き移籍加入のお知らせ

なんか来てました。 この度、横浜FCより田中輝和選手が期限付き移籍加入することとなりましたのでお知ら […]

no image

2012J1第14節vs.川﨑フロンターレ(HOME)

もう試合から二日たつので、記憶もおぼろげながら備忘録。試合当日は雨。結果0-1で敗戦。 両チームとも […]

2016 1st ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

試合が行われる当日その時間は外出中。ネットで状況確認。前半時点で0-2。帰宅後結果をチェック。0-3 […]

no image

チャリティマッチや新戦力やJ2リーグ再開の事

3/19に行われましたロアッソ熊本とのチャリティマッチにいってきました。 熊本は高木監督らしい守備ブ […]

2016 2nd ステージ 第16節(H)横浜マリノス戦

いろいろと多忙にて試合の映像をやっと視聴。見終わった感想もあるが、キムミヌの退団セレモニーで試合の事 […]

no image

天皇杯2回戦vs.熊本学園大学付属高校戦

結果 【得点者】 16分 (鳥栖)FW22・池田圭 26分 (鳥栖)MF8・衛藤裕 28分 (鳥栖) […]

no image

2011第28節vs.大分トリニータ(AWEY)

試合がおこなわれたのが先週9/17。すっかり遅くなってしまったが備忘録。 試合は0-0のドロー。試合 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly