*

2011第30節vs.ファジアーノ岡山(AWEY)+その他

   

今日は第一日曜、スカパー大解放デー。というわけで、アウェイ岡山戦をスカパー観戦。結果は4-2で鳥栖勝利。
スコアは4-2であるものの、なかなか貫禄のある試合運びをしたと思う。
前回も同じような事を書いたが、岡山も決して悪かったわけではない。前半は藤田のロングスローから幸先よく得点したものの、岡山が支配した時間も結構あった。
鳥栖は前半、ロングボールをFWにあてて、そこからの展開を狙っていた。相手陣内でプレーをして置けば、ロングスローも含めセットプレーのチャンスも狙える。その狙い通り、今日もまたロングスロー藤田砲を池田がヘッドで得点。この早い時間の先制点が鳥栖に落ち着きをもたらしたように思う。
後半早々の失点はどこかでプレーを切れば防げたもので、立ち上がり早々でいただけなったが、すぐに丹羽の素晴らしい長いクロスボールと池田の絶妙な動きとヘディングにより、きっちりと逆転。
もともと丹羽はフィジカルが強い選手と思われがちだが、サイドチェンジなど中長距離のキックはいいものがある。本当に見事なキックを見せてもらった。逆にディフェンスではけっこう簡単に飛び込んじゃう癖があるけど。そして、テレビの画面上では地味だが、あのクロスボールにいいポジションとって見事にゴールした池田も素晴らしかった。
この得点により、試合はまた鳥栖に落ち着きを与える。試合の分岐点になるゴールだったと思う。その後、ミヌの豪快なシュートにより追加点、オウンゴールによる失点(まあこれはしかたないかな)、そして試合を決めるビョンスクの4点目。4点目もまた見事なゴールだった。ミヌのドリブルで中に切れ込み、右にオーバーラップした丹羽へ。丹羽はスライディングをフェイントで交わして、狙い済ましてチップキックでGKの頭を超えてクロスで勝負あり。今日は丹羽大解放デーといっていいくらいの活躍ぶり。


今年前半の戦い方に比べて、今の鳥栖はシンプルにプレーしている。今年前半は、ダイレクトプレーを多様した崩しが多かったように思うけど、今はパス回しのみに固執したようなサッカーでなく、簡単にプレーしなおかつチャンスを生かしきれている。一度負けが込みチーム状態が沈んだが、ここにきて再度いいチーム状態を見せている。
その後、時間があったので、昇格を争うライバルの札幌の横浜FC戦をスカパー観戦。試合はほとんど横浜FCのペースで進み、ゴール前でのチャンスをなんども掴んだがどれも決めきれず。横浜は基点となるブラジル人FWジオゴへのクサビもほぼ押さえ込み、内容では完全に横浜が勝っていた。しかしながら、試合の主導権を握りながら、つまらないパスミスから失点、コーナーから失点して横浜は自滅した試合となった。
はじめてうわさのFWジオゴを見たが、強靭なフィジカルをもった選手というよりも、どちらかというと上手さを持ったストライカーといった感じだった。昔鳥栖にいたトジンに近いタイプからしれない。
それにしても横浜。覚えているだけでも、柳沢、フランサの落としからのカイオ、あれだけゴール前でフリーになりながら決めきれないと、勝てる試合も勝てない。一方で、札幌。正直、今日見た札幌は全然強さを感じなかった。それでも、少ないチャンスを確実にしとめて勝ちきる勝負強さ。きっとそれの粘り強さでこの位置まできたのだろうと思う。
横浜FCは相変わらず頑張る好チームだが、勝敗を分けるのは頑張りきる事が最重要な事ではなく、試合の流れに乗って得点を決めきる事だとつくづく思った。勝負に勝てるチームは、ゲームの中で流れを引き寄せる事ができる。そういう意味では横浜FCのガンバリズムは試合全体を通して一本調子で単調すぎる気がする。相手をいなすとか余裕がなくて、常に全力プレーというか。だからかどうか知らないが、結局一番大事なところで精度を欠き、シュートミス、パスミスを生み、それが試合を決めている。
今日現在では、札幌より断然鳥栖の方がチーム状態がよい。次の試合は、アウェイで札幌と直接対決。しかし開催はなんと二週間後の10/16。正直水曜日にでも試合をしたい感じだ。二週間あれば、コンディションもどう転ぶかわからない。さて、勝負の行方はどうなるか。うまく調整してくれることを祈る。

 -サガントス

ad

  関連記事

Cygames presents Special Match サガン鳥栖vsアトレティコ・マドリード

遅ればせながら昨晩録画を視聴。最近行われた海外の有名クラブとJクラブのゲームと言えば、川崎VSドルト […]

no image

正念場

ここ一番になってから、ギリギリの可能性にすがるのでは遅いのだ。 昇格するならば、ここ二戦のよくない流 […]

no image

2013ヤマザキナビスコカップ 第7節 vs大分トリニータ戦(HOME)

仕事をすり抜けてスタジアムで観戦。うーん、なんだろうかこれ。途中まではよいのだが。 気合の入りすぎが […]

no image

2013J1第8節vsベガルタ仙台戦(AWEY)

三連敗の後のリーグ戦だけに、まずは流れを切れたのでよしとしたい。 鳥栖の守備が機能してか、仙台があま […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2016 2nd ステージ 第11節(A)浦和レッズ戦

2ndステージ3位につけて好調の鳥栖は、2nd2位の浦和にアウェイで挑んだ。代表戦も終わり、両チーム […]

観戦ガイドのアイコン

ベアスタから鳥栖駅への迂回路(1)北ルート

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)から […]

no image

天皇杯4回戦 VSモンテディオ山形

水曜ナイター現地観戦。90分終了時に退出。最終的に延長で敗北。 山形の前からのチェックがよくて、なか […]

2016 1st ステージ 第4節(A)横浜Fマリノス戦

雨予報だったが、試合前には雨は上がった模様。3月も半ばを過ぎ、桜も咲き始め春めいてきた。サッカーをす […]

no image

2012J1第8節vs.柏レイソル(AWEY)

さきほどスカパー録画視聴。結果1-1のドロー。アウェイで追いついてのドローという事で、価値ある勝ち点 […]

ad

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly