*

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第4節vs. ジュビロ磐田戦(HOME)

   

週末もゲームがありスケジュールきつきつ。そんな中で行われた水曜のナイトゲームナビスコカップ。3-2というスコアからわかるようにゴールも多くて、その他さまざまに見所がある試合だった。
磐田はスピードがありドリブルが得意な選手が多く、スピードにのったドリブルから相手を崩していく感じだった。ワンタッチパスよりも、ボールを持ってドリブルの仕掛けから始まる事が多かった。1失点目はゴール前でバタつきクリアしきれずに押し込まれる。2失点目は、一瞬なにが起きたかわからないくらい見事なゴール。普段あそこからあのタイミングで撃ってくる選手はなかなかいない。山田大記はさすがに10番を背負っているだけあるなと思った。磐田は、山田だけでなくすごい選手をそろえている。特にキレのある高速ドリブルはすごかった。
鳥栖は、2失点したものの、ディフェンスが機能していて安定していた。そこからのカウンターも意図したとおりの試合運びができたと思う。
まずはまさかの犬塚大爆発。2ゴールともきっちりとチャンスをものにした素晴らしいシュートだった。特に2点目なんか難しい所によく決めた。FW経験もある選手なので、彼の器用さを見せ付けてくれた。
FWはトジンがトップで野田がトップ下。野田は出ないかと思ったが、フル出場の頑張り。トジンは犬塚の1点目を演出したスルーパスがお見事。相手ボランチへのチェックもよく頑張っており、出来は良かったと思う。野田は相変わらずの頑張りっぷり。残り5分ぐらいで、もうバテバテの状態だったが、そこに藤田から野田を走らせる鬼パスがw裏に出され、必死に追いかけ走りながら両足を攣るという、毎度おなじみの尋常でない走りをみせた。そして、コンタクトを厭わない激しいプレー振り。それにしても走りながら両足攣るとか初めてめた。交代枠もなかった事もあるが、その後もボールに向って走り続けた彼の気持ちの強さを賞賛したい。


一方で、これまで公式戦殆ど出場していない國吉。今日はスタメンかと思われたが、後半30分過ぎから最後の交代枠ででてくる。プレーぶりを見ながら、なぜ出場がすくないのか考えてみた。他のプレイヤーとの違いは、やはりディフェンスじゃないかと思う。監督からの支持なのかわからないが、トジンとの交代ででてそのまま前でのプレーしたと思うが、國吉は人にいかない。今日のプレスのやりかたは、ハーフライン付近からいくような感じだと思うが、相手パスコースを防ぐ事の方に気を取られていた。あまり前から行くなと言われていたのかもしれないが、あそこはボールの供給源にドンドンいくべきだったのじゃないかと思う。その時間帯、ボロボロになった野田も、ボールの出所にどんどん向っていっていた。それほど長いこと國吉のプレーを見てないのではっきりわからないが、もしかしたらトジン以上に守備が苦手なのかもしれない。
鳥栖のやり方では、コンタクトプレーが出来ないプレイヤーは鳥栖では使いにくい。そういう意味では今の所、國吉の使い道というのは難しいのかもしれない。
そして痛いのが、キムクナンの負傷退場。またもや怪我人がでてしまった。顔を手で覆って担架で退場する姿をみると、長くなりそうな感じである。貴重なセンターバックと攻撃のオプションを失ってしまった。できる事なら軽症である事を祈る。残りCBは、ヨソンヘと小林、それに強化指定の坂井達弥だけ。さすがにこれは薄い。とても薄い。こうなってくると、安定している小林が獲得できて本当に良かった。
早坂が復帰後初ゴール。まだまだ本調子ではない状態だが、90分持たせたし、無難にはこなせたと思う。一方で、キムミヌと岡本が不調。ともにパスミスを連発し、集中力を欠いたプレーが見られた。これも連戦の影響があるかもしれない。
スタンドに目を向けると、今日はたくさんの修学旅行生が。3-2という鳥栖にしては派手な試合で、楽しんでもらえたなら幸いだ。こうしたアレンジはとてもいい。これを企画した人は、いい仕事をしたと思う。

 -サガントス

ad

  関連記事

no image

2012J1第1節vs.セレッソ大阪(HOME)

先ほど開幕戦から帰宅。0-0で勝ち点1ゲット。とにかく勝ち点とれたのだからこれでよし。 鳥栖は、前半 […]

no image

天皇杯は負けました

昨日10/9、天皇杯マリノス戦が三沢で行われました。 結果は2-1で、負け。やはり守備に追われていた […]

2017 J1第9節(A)鹿島アントラーズ戦

すっかり時間が空いてしまったが、日曜日のアウェイ鹿島戦を振り返り。2-1で先制しながらの逆転負けとな […]

no image

2013J1第8節vsベガルタ仙台戦(AWEY)

三連敗の後のリーグ戦だけに、まずは流れを切れたのでよしとしたい。 鳥栖の守備が機能してか、仙台があま […]

no image

2012J1第8節vs.柏レイソル(AWEY)

さきほどスカパー録画視聴。結果1-1のドロー。アウェイで追いついてのドローという事で、価値ある勝ち点 […]

no image

2013J1第18節vs大分トリニータ戦(HOME)

まとわりつくような湿気。気温はさほど高くないけれど、湿度が高いと体温が下がらないのでキツイ。ハードな […]

no image

2013J1第3節vs川﨑フロンターレ戦(HOME)

先日3/16土曜日に行われたホームゲームを現地観戦。観ている側にとって、非常に体力を消耗されるゲーム […]

no image

2013J1第30節vsセレッソ大阪戦(HOME)

ちょっと肌寒くなってきたがナイトゲーム開催。現地参戦。結果2-0での勝利。セレッソのつなぎの巧みさや […]

2016シーズンの監督、前FC東京のマッシモ フィッカデンティ氏に決定

マガト・インパルス 以前より来期の監督人事については、ドイツの名のある監督マガト氏の就任が取り沙汰さ […]

no image

2014J1第30節vsアルビレックス新潟戦(HOME)

11/26、本日は連戦の都合上か日曜開催。気温少し高めでピッチコンディションはよい。ベアスタは芝生が […]

ad

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly