*

2015 2nd ステージ 第5節(H)鹿島アントラーズ戦

   

九州北部は梅雨明け宣言が出た。だが気候はすっきりしない。前節同様、試合開始時点で30度前後、湿度も90%近い。中3日という日程と前節うまくいった手ごたえから大きな変更はないだろうと思っていた。スタメンは前節と同じ。サブは若干の入れ替えあり。

鎌田 早坂 水沼
ミヌ 藤田 高橋 吉田
谷口 菊池 ミン
赤星

SUB 藤島 小林 丹羽 チェ 菅沼 福田 山崎

前回と同じ手ごたえを感じられたのは、開始20分ぐらいだった。連戦とこの気候なので、お互いに前からプレッシャーを掛けることはせず、ボールを持たせてしっかり守る展開。今日のポイントは、サイドの攻防だった。鹿島の狙いは徹底的にサイドなのだが、ミヌと吉田が前に出れている時は鳥栖が押し込める。逆に両サイドが押し込まれて前にでれないと、主導権を握った攻撃ができない。

鳥栖の勢いが落ちてきた前半中盤過ぎからは、鹿島に完全に押し込まれていた。鳥栖の両サイドの吉田とミヌがしっかり下がって1-4-5で守っていたのでそうそう簡単には突破できないだろうと楽観して見ていた。だが、やはり鹿島は上手い。徐々にパスをつないで5バックの外側を攻略していく。決定的な場面こそ作らせないが、あれだけ狭いスペースを突破していく鹿島を見てやはり恐ろしい攻撃力を感じた。両サイド、中があけばもちろん縦にも入れるが、主眼がやはり鳥栖の左サイドの攻略。鎌田、ミヌのサイドのなので、確かにここが一番薄い。

前半は若干押されながらも、時にサイドが前に出れるときは攻撃の形が作れていた。ハーフタイムはホークスコラボでまさかのベアスタで「いざゆけ若鷹軍団」を歌いながらジェット風船と、サポーターは楽しい時間を過ごした。後半もなんとかなるだろう。サポーターは楽観的だっただろうし自分もそう思ってしまった。しかし、その楽観は打ち砕かれた。

後半も前半と同様に、サイドは押し込まれる時間は多かったが、決壊までいたらず時に前にでる。誰も疲れは見えない。悪くはない。どこを変えるか。そう思いながら、サイドの選手の4人のどれか、水沼、蒲田、ミヌ、吉田、あたりかと考えていた。まずは鳥栖は後半33分、水沼から菅沼への交代。

そして、後半35分あたりで事故が発生。リスタートから裏に抜けたボールに走りこんだ赤崎とクリアにいったミンヒョクと赤星が衝突。赤星がジャンプしたところに、ミンが突っ込んでいったので、相当なダメージがあったと思う。今日の赤星は当たっていて、キャッチも安定してファインセーブも幾度となく見せていた。結局赤星は負傷交代となってしまった。これがこの試合のターニングポイントとなってしまった。

スカパーオンデマンドで見直して、その数分後の失点を確認。カウンターから右サイドを金崎に突破されて絶妙なクロス、カイオがつなげて柴崎の股抜きミドル。これが決まる。

その後、時間がない鳥栖は、谷口を前に上げてロングボール。後ろは4枚。前がかりとなる。その後は、スペースを与えられた鹿島は前半から見せている鋭い攻撃をいかんなく発揮。カウンターから2点を追加。残り40分0-0の状態から0-3の敗戦となった。ギリギリの所で耐えてきて気持ちも切れたのか、バランスが取れなくなってしまって相手の思惑通りになってしまう。浦和戦の大敗に似た失点の重ね方だと思った。気持ちで持っているものは、それが折れてしまうと脆い。棚の上の届きそうなまんじゅうに足をギリギリまで伸ばして転落する。そんな感じ。

よくやってはいたと思う。だが、冷静に考えれば過酷な日程、過酷なコンディションの中に置かれている。サイドの戦いで攻守の面でパワーを注入するなら吉田から丹羽、ミヌから丹羽で吉田を左に回すでも良かったかもしれない。

後は、赤星に代わって出場した藤島。以前公式戦で見たことがあるが、その時と変わらず守備範囲が狭い。赤星も守備範囲が狭かったが、林のような守備範囲の広いキーパーが入ってきたからか、中途半端な飛び出しとか言われながらも努力している事がよくわかる。途中出場で難しかったかもしれないが、まだまだ赤星の方が上だ。精進して欲しい。今日好調の赤星を欠いたのは本当に痛かった。

カウンターの時の前に出てくる人数にしても、ゆるっとボールを回していてもブロックを崩しチャンスになったときの迫力にしても。攻めの緩急と正確さ。鹿島の強さが目に焼きついた試合だった。

 -Jリーグ

ad

  関連記事

2016 2nd ステージ 第3節(A)湘南ベルマーレ戦

先週土曜日のアウェイゲームから中三日のアウェイゲーム、場所は平塚。確か鳥栖はここで勝利した事がない。 […]

2016 1st ステージ 第13節(H)大宮アルディージャ戦

好天の土曜日にも関わらず観客は少ない。8000人にとどかない入場者数。今のチームの現状では仕方がない […]

2016 1st ステージ 第14節(H)浦和レッズ戦

土曜日から雨が続く日曜日。雨は試合開始の少し前に小降りになる。水曜日のアビスパとのダービーをいい形で […]

2015 2nd ステージ 第9節(A)ヴィッセル神戸戦

ここ数日とても涼しい。気温も30度に届かない。今日のアウェイの地、神戸も似たような感じですっかり秋め […]

2015 2nd ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

シルバーウィークということで、前に書いた「ぶらり中国ドライブパス」を利用して広島まで。途中多数の鳥栖 […]

2017 J1第6節(H)アルビレックス新潟戦

九州レジェンズなどイベントが組まれながらも、あいにくの雨模様で一万人割れ。お客さんは少なかったが、試 […]

2016 2nd ステージ 第8節(H)川崎フロンターレ戦

毎日毎日暑い。雨も降らず気温も35度を越えてくる。選手にとってはきつい季節が続く。そして相手は首位川 […]

2015 2nd ステージ 第16節(H)ベガルタ仙台戦

今日はホーム最終戦。11月に入ったが気温は高めの曇天。システムはまた変わっていて3-5-2。豊田、池 […]

2016 2nd ステージ 第5節(A)アビスパ福岡戦

いろいろと忙しく強行軍で博多の森へ。J1での九州ダービー第二戦。試合開始30分ほど前にレベスタに到着 […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly