*

2015 2nd ステージ 第7節(A)モンテディオ山形戦

      2015/08/17

久しぶりのリーグ再開。東アジア杯と第6節のガンバ戦が前倒しで行われていた為、鳥栖としては余裕を持って調整ができた。試合結果が1-3の勝利である事からそう言いたい所ではあったけど、そこまで圧倒的に勝利した訳でもなかった試合だった。試合が決まるポイントでしっかりとしたプレーをした方が勝った、そんな印象の試合だった。

スタメン、そしてシステムはどうしてくるのか興味深かった。スカパーを見てるとスリーバックでフォーメーションが出ていたので、ああそうなんだなと思っていると、今回はトップに谷口を入れた形で1-3-2-4のおなじみの4バックシステム。ケガ空けの豊田、丹羽、などが帯同。林がスタメン復帰。

    谷口
早坂 鎌田 水沼
  藤田 高橋
ミヌ ミン 菊池 吉田
    

sub:赤星 小林 丹羽 白 福田 豊田 田村

前半は確かに鳥栖の方が良かった。良かったというよりも、山形が上手くボールを繋げていなかった事、中盤での玉際の部分で良く勝てていた事などで、カウンターからチャンスを演出していた。早い時間の先制点は、キムミヌのロングボールに早坂が裏に抜け出し、鎌田が貰ってフェイント一回入れてコース作ってのシュート。わずか2本のパスでゴールを陥れた。おそらく最初のシュートだったと思う。前半はほとんど鳥栖のペースで、山形には決定的な場面を作らせない。チャンスもいくつかあったので、突き放しておきたい所だが、2点目は奪えず後半に。

後半は山形が徐々に前に出てくるようになり、結構シュートを打たれるようになる。後半12分、コーナーキックからアルセウのヘディングどんぴしゃで決まる。よくあるパターンだが、自分達の時間に突き放せず、山形が同点に追いつき勢いづく。その後、早坂から豊田に交代、トップに張っていた谷口をCBに入れてスリーバックに変更。3-4-2-1の形になる。、山形の攻撃の時間が続く。

勝負を分けたのは、林のビッグセーブ。前半にも宮坂の無回転ぎみのロングシュートを好判断ではじき出したのもあったが、同点に追いつかれ2点目が入る前の61分、カウンターから高崎のほぼ完璧な叩き付けたヘッドをはじく。2点目追加後の71分、高崎のシュート気味のクロスからロメロフランクのシュート左手一本でビッグセーブ。どちらのセーブもこれが得点を取られていたらどう転んでいたか分からない。一方で山形は、高崎のヘッド、シュートを外しまくったロメロフランク、高木利弥の見事なクロスから合わせられなかったディエゴなど、チャンスを作りながらも点を取れない。

2点目はカウンターから豊田に当ててこぼれに鎌田が走り、藤田に繋いで水沼に上手い縦パス。水沼も冷静に決める。豊田は調子的にはまだまだようで、この2点目の起点となる仕事はきっちりとこなしたものの、あまり良いボールがこなかったのもあるが、なかなか勝てていなかった。

2点目を取ってから鳥栖は引き気味でほとんど5-4-1のような形で、守備的な展開。後半38分に水沼からペクソンドン。この交代がまた当たる。足の速い選手なので、もともとカウンターには効果的な選手なのだが、今日は狙い通りに入って早々にカウンターのチャンスを決める。1-3。最後はもうほとんど存在感のなくなっていた鎌田から小林、谷口をアンカーに入れて5-4-1の形。後は山形の放り込みを跳ね返して試合を締める。

山形はチャンスを作るまでは出来ていた。そのチャンスにビッグセーブで跳ね返した鳥栖。前半内容は良かったものの、もし山形の決定機で決められていたら、いつもの「良かったけど勝てなかった試合」になっていただろう。今年の鳥栖はそういう試合が多いが、それを払拭する林のパフォーマンスだったと思う。キックはイマイチだったけど。

久々の勝利。まあ、残留にひとつ前進。

 -サガントス

ad

  関連記事

no image

2012J1第16節vs.コンサドーレ札幌戦(HOME)

開始ギリギリにスタジアムに到着。結果1-0でまたしても劇的な勝利を得た。 雨が振ったりやんだり、湿度 […]

no image

2011サガントスへ

あけましておめでとうございます。皆様ともども、本年もいい年でありますように。 さて、J2リーグも終了 […]

no image

金浩男選手 光州大学より新加入のお知らせ

小出しに新しい選手がやってきます。 金浩男選手 光州大学より新加入のお知らせ http://www. […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアム パークアンドライドでのアクセス

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアム。通称ベアスタ。基本 […]

2016 1st ステージ 第8節(H)ジュビロ磐田戦

気温は20度前後でほどよい日曜日。本日はジュビロ磐田戦。同日13:00に福岡でガンバ戦があったので、 […]

20161st1secfukuoka(H)

2016 1st ステージ 第1節(H)アビスパ福岡戦

待ちに待った開幕戦。J1での開幕ダービーマッチ。お互いJ1では低予算ながら、この舞台での対戦が実現す […]

2017JリーグYBCルヴァンカップ GS第1節(H)アルビレックス新潟戦

今年は例年より早くカップ戦がはじまった。今年よりスポンサーのヤマザキビスケットさんの看板商品が名称に […]

2016 2nd ステージ 第8節(H)川崎フロンターレ戦

毎日毎日暑い。雨も降らず気温も35度を越えてくる。選手にとってはきつい季節が続く。そして相手は首位川 […]

no image

2013J1第11節vsアルビレックス新潟戦(HOME)

先ほど現地より帰宅。相当な駄目試合だと思う。悪い面ばかりが出た。新潟は狙い通りの得点。2点目の成岡の […]

no image

ユン監督解任

衝撃的なニュースがひとつ。ユン監督解任。実際何があったかは、誰にもわからない。その前提で個人的な感想 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly