*

2015 2nd ステージ 第8節(H)横浜Fマリノス戦

      2015/08/24

IMG_20150822_182341

ブリジヂストンデーの横浜Fマリノス戦を現地観戦。思ったより観客は多くなかった。そして芝の状態が悪くてびっくり。最近は気温も少し前よりも低いが、お盆前の雨も降らない猛暑が影響したのかもしれない。気温は27℃だが夕方になり以前よりもずいぶん涼しい。

スタメンは前節と同じ。豊田はケガの為先発を回避。谷口をトップとした1-3-2-4のおなじみの4バック。
    谷口
早坂 鎌田 水沼
  藤田 高橋
ミヌ ミン 菊池 吉田
    

sub:赤星 小林 丹羽 白 福田 豊田 田村

マリノスは、伊藤翔がトップの二列目にアデミウソン、中村、斉藤、ボランチに三門、中町といった布陣。

    伊藤
アデ 中村 斉藤
  三門 中町
下平 ファビ 中澤 小林
    飯倉

sub:鈴木 栗原 比嘉 中島 天野 藤本 端戸

先制は鳥栖、一回目の決定機でいきなり決めてしまう。カウンターから水沼が右のスペースにボールを出し、吉田のオーバーラップ。吉田の柔らかいクロスに谷口がヘッドで決める。幸先のよいスタート。得点が入ったことで、全体的に組織は低め。今日は鎌田がよく走ってチェイスにいっていた(たぶんもっと前から行けと言われているのだと思う)。だが、チェイスの連動性という点では単発に終わっていた印象。

マリノスはボールがよくつながる。三人目の動きとかグループとかよくいうが、人とボールがよく動く。前半も決定的なシュートを何本か打たれたが、林のファインセーブでかろうじて防いでいた。また、芝の悪さが、1点とってカウンター狙いの鳥栖には有利に働いた。芝が悪いので思ったよりパスが伸びなかったりして結構中盤で拾えてカウンターを仕掛けられていたからだ。もちろう芝の悪さは鳥栖にも影響したのだが、より繋いでいたマリノスの方に分が悪かった。

前半はどうにかこうにか終了。追加点も取れそうだったが、結構危ないシーンも作られていたので最後まで守りきれるだろうかどうか。

後半8分、早々に堤防は決壊する。右サイドをショートパスで崩されて、伊藤翔にシュートチャンス。これを見事に決める。シュートそのものもインフロントでカーブをかけて林ノーチャンスの見事なシュートだったが、マリノスの連動性の見事さがついに実った形となった。失点後、高橋からエース豊田の投入。前節山形戦と同様の展開ながら、今回は谷口をボランチに下げて、トップに豊田を投入。次に後半18分、早坂からペクソンドン。そこから緊急事態発生。少し前のプレーで谷口が傷んでいたが、結局走れずに交代準備。当初同じボランチの福田と交代予定だったが、この間の後半20分、コーナーキックから中村の見事なキックに長身のファビオがゴール。この失点を受け、急遽谷口→田村へと交代。

逆転後は一転し、マリノスは受けに。前に一人で仕事のできるアデミウソンを置いて、効果的にカウンターを発動。何本か決定的なシュートを打たれるが、林は前節同様絶好調で、ファインセーブを連発。38分、中村から藤本、40分にFW伊藤翔を削って栗原、スリーバックにして完全逃げ切り体制。

鳥栖はボランチに水沼が入り、二列目にペク、鎌田、田村といった所。田村のスピードは効いている場面もあるが、シュートにしてもクロスに精度がややかける印象。またコンビネーションの面でもスタメンでやってきた面子ではないので、少し連携不足。また、田村がいて鎌田がいて豊田もいるとなると、チームとして鎌田を使っていくのか、まず豊田を狙ってセカンド拾いに行くのかそのあたりの統一感が欠けていた印象。水沼もスクランブルでボランチなので、不慣れな面もありミスがちらほら見られた。この辺はもうファンのタラレバの話だが、マリノスのボランチに厳しくつかれていた鎌田をボランチに下げても良かったかもしれない。

豊田はなかなかクロスが来ないのでいいシーンはあんまり作れなかったが、終了間際のFK?からの決定的なヘッドはやはりお見事。残念ながら相手GK飯倉に阻まれる。

流れとしてはマリノスのゲーム。早々に失点しながらも自分達のリズムで攻撃し続けてこじ開けて、セットプレーで逆転。後はしっかり守りきるという見事な試合運びを見せたゲームだった。多くの人はマリノスはつなげて上手いなあと思ったんではないだろうか。スカパーでマリノスのフランス人監督が「誰が出てもグループで仕事をする」みたいな事を言っていたが、確かに鎌田のアイデアばっかりが攻撃のスタイルならば、それじゃ古臭いよなと思う。今日も鎌田は徹底的に中町に見られていたのでたいして攻撃の仕事ができなかった。それを超えるようなパフォーマンスを見せてくれれば戦術鎌田でもよいのだろうが。戦術メッシみたいな。

どうも4月からホームで勝ってないらしいのだが、今日の大歓声やら勝ててないプレッシャーやら、そういうのが重荷にならなければよいが。あと芝はなんとかならないものだろうか。美しい芝のベアスタが好きだし、いいパフォーマンスも見られないよ。

 -サガントス

ad

  関連記事

no image

2013ヤマザキナビスコカップ 第5節 vsアルビレックス新潟戦(HOME)

やった。現地には行けなかったが、皆の待ちわびた勝利だった。早坂、おめでとう。なんなウルっときたよ。 […]

鎌田大地選手 U-22日本代表候補トレーニングキャンプ メンバー選出!

まずは第一歩ですね。鎌田選手おめでとうございます。 鎌田大地選手 U-22日本代表候補トレーニングキ […]

2015 2nd ステージ 第13節(A)浦和レッズ戦

秋に入ってからはデーゲームが続く。大観衆の浦和のホームでの試合。前節勝ちきれず嫌な流れの中で、どこま […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第6節 (A)アビスパ福岡戦

早めに仕事を切り上げて高速バスにのり福岡空港へ。久しぶりの博多の森へ参戦。前週と違い次の試合まで中3 […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2節 (A)新潟戦

鳥栖の2016年のナビスコカップが始まった。山崎ナビスコが社名変更するので、通称ナビスコカップでカッ […]

no image

2011第38節vs.ロアッソ熊本(HOME)

前日の天気予報は雨。朝方ぱらぱらと降ったものの、時折光差すお天気具合。今日は、今シーズン最終戦。 ど […]

2017 J1第7節(A)ジュビロ磐田戦

時として勝者に値しないプレーぶりながら勝ちを拾う事がある。今日はそんな試合になりかけた。だがそう甘く […]

no image

2012J1第11節vs.大宮アルディージャ(HOME)

当日は日陰は肌寒く日が当たると暑いというような天気。快晴でコンディションは良好。試合は1-1のドロー […]

no image

ゴールキーパー怪我続出

タイトルまんまですが、ヤフーのトップ記念にひとつ。 http://headlines.yahoo.c […]

2017 J1第11節(A)清水エスパルス戦

連戦の最後を締めくくるアウェイ清水戦。鳥栖は前節のリーグ戦で豊田、谷口が負傷し、代役としてイバルボ、 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly