*

2015 2nd ステージ 第10節(H)清水エスパルス戦

      2015/09/14

今年は秋めくのが早くて25度前後、小雨が降る中でのないとゲーム。ピッチの状態は前回と変わらず荒れ気味。前節の大敗を受けてどう立て直してくるかが問われる試合。結果は0-0で、残留に向けては最悪ではなかったが、内容はまあ微妙な試合だった。

     豊田
  鎌田 水沼
ミヌ 藤田 高橋 吉田
 谷口 菊池 キム
     

sub:赤星 小林 岡本 チェ ペク 早坂 岡田

対する清水は4-4-2。チョンテセと角田と、要所でいい補強をしている。

   テセ ウタカ 
デューク 枝村 本田 白崎

六平  角田 平岡 鎌田
    杉山

sub:櫛引 犬飼 杉山 竹内 村田 澤田 大前

なんというか、残留争いをしている両チームらしい試合だったが、鳥栖はホームであるのに大胆さがみられず前節の大敗を引きずっているかのような元気のなさが気になった。
清水は、まずは守備の安定を第一に置きながら、まだ降格圏内という現状からあわよくば勝ち点3を取ろうという感じ。鳥栖も似たようなもので、まず3バックにしてしっかり一枚余らせて、サイドはある程度目をつぶって中央を押さえて守備を安定させようという狙い。攻撃に関してはロングボールを豊田にあてて拾いにいく、前に納めてサイドを使う、そういうイメージだったろうが、とにかく前にボールが収まらないので攻撃の起点ができない。攻撃がうまく行かないので攻められっぱなしだった。

守備組織もゲームプランも清水の方が上手く行っていてやりたいことはやれたと思う。鳥栖は林のファインセーブやポストに助けられてなんとか逃げ切れたに過ぎない。清水は前半抑え目に入って、サイドバックもほとんどあがらずロングボール主体の攻撃。後半に入って後ろから繋ぎだして、サイドを使って攻撃。なんといってもウタカが収まるので、うまく時間が作れている。

前半は両チームともに固く試合を進めたと思う。というより、清水があんまり出てこず、鳥栖も清水の安定したブロックを破れなかった、そんな印象。攻撃は中盤で相手のミスからカウンターをいくつか。後半は、清水が前に出てきたので、鳥栖が受ける展開。後半19分、水沼からペクソンドン。水沼は腰を痛めたらしいが、清水が押し込む時間帯なので、カウンターを狙っていくには悪くない交代。だが、奪う位置が低いのもあるし、共通理解ができてない、清水のファーストディフェンスがよい、いろいろあるがカウンターは不発。

鳥栖の交代は、その後鎌田からチェソングン、チェを左サイド、ミヌを鎌田の位置に上げる。その四分後、ミヌに代えて岡田。シャドーの位置。後半やられ続けた左サイドの活性化という意味だろう。清水は、後半25分本田に代えて竹内、後半29分に大前で、より攻撃的にシフトする。

結果的にシュートの雨あられを浴びた鳥栖が逃げ切ったわけだが、完全に清水のゲームだったし勝ちたかっただろうなと思う。

清水がうまくいって鳥栖がうまくいかなかったひとつの要因は、FWのポストワークの差だったろうと思う。清水はとにかくウタカに預ければしっかり収めて時間を作ってくれる。一方豊田は元々足元のポストワークには難がありだが、今日は特段収まってなかった。頼みの鎌田もトラップミスなどが目立ち、上手く基点になれていなかった。それでは、豊田に当てていく作戦があるじゃないかと思うが、後ろからロングキックをしても、4-5-1だとセカンド拾うのが3枚だが、3-4-2-1だと2枚になるので、拾う確率は単純に低くなる。とにかくセカンド拾わないと起点にならないので、相手に拾われてはまた攻められてと、なかなかうまくいかない。

あれだけ豊田が納められないなら、一時期うまく行っていたように早坂をトップにして豊田シャドーでもいいのかもしれない。鎌田はボールを引き出す動き、追い越す走り、オフザボールの動きがどうしても悪い。

勝ち点1取れたのは素直に嬉しいが、チームとしての完成度の低さを痛感してしまった。こんな現状でもなんとか今季は逃げ切らねばならない。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

2013J1第6節vsサンフレッチェ広島戦(AWEY)

久々に自宅で生スカパー観戦。ミスが多いほうが負けるし、ちょっとした精度の差が勝敗を分ける。そんな試合 […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦vsサンフレッチェ広島戦

先週の土曜日に天皇杯を見てきた。対戦相手は苦手意識のある広島。結果は1stのアウェイ広島戦のような散 […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦vsFC琉球戦

2016年の天皇杯が始まった。バックスタンドで観戦していると、今年の決勝は吹田スタジアムとの事。なん […]

日高拓麿、引退

日髙拓磨選手 現役引退のお知らせ(カターレ富山) かつてサガン鳥栖に所属した日高拓麿選手が引退を発表 […]

no image

ブリジストンデーとベアスタの駐車場

もうすぐブリジストンデーです。正直言うと、BSデーは苦手です。まず非常に人が多い。そして駐車場難民に […]

2017 J1第7節(A)ジュビロ磐田戦

時として勝者に値しないプレーぶりながら勝ちを拾う事がある。今日はそんな試合になりかけた。だがそう甘く […]

no image

2011第15節vs.ギラヴァンツ北九州(AWEY)

当日は、残念ながら現地には行けず。結果はスコアレスドロー。 雨が降るコンディションで、パスサッカー的 […]

2016 1st ステージ 第14節(H)浦和レッズ戦

土曜日から雨が続く日曜日。雨は試合開始の少し前に小降りになる。水曜日のアビスパとのダービーをいい形で […]

no image

J2第21節 サガン鳥栖 vs.ジェフユナイテッド千葉

現地観戦。勝てなかったのか、負けなかったのか。 観客は7000人台とそこそこ。大分ナンバーや熊本ナン […]

20151st ステージ 第17節(H)サンフレッチェ広島戦

ナイトゲーム現地観戦。またしてもロスタイム、ラストプレーでの劇的な同点弾。とにかくこれにしびれながら […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly