*

2015 2nd ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

      2015/09/24

シルバーウィークということで、前に書いた「ぶらり中国ドライブパス」を利用して広島まで。途中多数の鳥栖サポを見かける。エディオンスタジアムは思ったよりもこじんまりとしたスタジアムで見やすかった。気温は夕暮れにはずいぶん下がっていて、長袖を羽織らないと少し寒いぐらいの気温。

先発は、これまでレギュラーを勤めていていた水沼と豊田が帯同せず。怪我もしくはコンディション不良。トップに池田が復帰。早坂、ミヌの2シャドーの3-4-3。今節はこれが効果的だった。

    池田
   ミヌ 早坂
チェ 藤田 高橋 吉田
  谷口 菊池 ミン
     

sub:赤星 小林 福田 岡本 白 鎌田 岡田 

広島はいつもどおりの形の3-4-3。トップ佐藤にドグラウス、柴崎のシャドー。
 
     佐藤
  柴崎 ドグラウス
柏 森崎 青山 ミキッチ
  水本 千葉 塩谷
     

sub:増田 佐々木 丸谷 清水 森崎 野津田 浅野

鳥栖の入りが非常によく、試合開始15分ぐらいまでは前からの守備が積極的。バタつく広島に対しいくつかカウンターする事ができた。試合が落ち着いてくる。広島といえば両サイドがスピードで縦に入ってそこを基点にしていくが、今日はチェと吉田のポジショニングはよく、うまく両方とも抑えていた。全体的に低めに構えているのでカウンターはなかなか不発ながら、守備面では安定していて決定機を作れせない。中に入れられても集中して跳ね返す。

あとは前3人の攻撃に期待がかかる。前三人は流動的に動くのだが、ミヌが右、早坂が左に入ることが多く、サイドを使っていくというよりもカットインからのシュート、カウンターからの早いフィニッシュの狙いが見て取れる。

守備面では上手く行っていた。なかなか難しいのだが、欲を言えばあと1、2回は有効なカウンターを発動できると楽だったと思う。広島もカウンターをケアしていたし、ボールを失ってからの守備の切り替えが早い。

後半は休息で一息、鳥栖は勇気を持って前にでる。前半から前から行っていたので広島もいつかは鳥栖はバテると思っていただろうが、なかなか運動量は落ちない。前半よりもカウンターの回数は増えたもののフィニッシュまではなかなか持っていけない。だが、広島も鳥栖の粘りの守備を突き崩せない。

後半34分、池田に変えて鎌田。トップに早坂、鎌田シャドー。もちろんなかなか前で収められなかったのでカウンターの基点が狙い。ただし守備面でのリスクは出てくる。後半41分、早坂かえて岡田。前からの守備はもちろん、カウンターでスピードが生かせる。最後は時間を消費する為、ロスタイムに福田を投入。スタメンがパフォーマンスがよくて、運動量が落ちなかったので、なかなか代えるタイミングが難しかっただろう。

守備から入るという鳥栖の原点に戻ったスタイルで、カウンター狙いの戦い方がはっきりしていて選手は戦いやすかっただろうと思う。チャンスは少ないものの、これが原点。問題は前で収めてカウンターの基点ができるかどうかだが、その成功確立を高める戦いとして、わかっていても触られてイーブンボールにしてしまう豊田の空中戦を戦術の中心にしていたのはやっぱり合理的。カウンターの回数を増やす方法論としてそこに戻る必要は必ずしもないが、新しいスタイルを目指せばいいと思う。

一方で、広島が強いのはバランスだなと思う。ポゼッションして攻めながら、カウンターはしっかり押さえる。まあ相手がカウンター狙いがはっきりしているのもあるが。鳥栖の大崩れは、全体の攻守の意識が統一できずにバランスを崩しすぐた結果ともいえる。

広島まで来てよかった。攻撃の回数は少ないしスタッツだけ見ると押されているように見えるが、必ずしもそうではない。それぞれの戦い方があるし、今日は勇気ある戦いを見ることができた。

 

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

プレシーズンマッチ VSガンバ大阪@ベアスタ

今回は仕事でスカパーにて流し観戦。今年のチームの試合を初観戦なので非常に楽しみにしていた試合。 基本 […]

2016j11st1sec.vskasima(A)

2016 1st ステージ 第2節(A)鹿島アントラーズ戦

多忙にてなかなか見れなかったが、先ほどスカパー!オンデマンドで土曜日の試合を視聴。試合結果は0-1の […]

2016 2nd ステージ 第10節(H)アルビレックス新潟戦

暑かった8月も終わりの最終週。対戦相手は苦手の新潟。長年ご支援を頂いているブリヂストンが冠スポンサー […]

no image

2011第24節vs.水戸ホーリーホック(HOME)

今日は現地観戦。結果は2-1の勝利。なんとか逃げきった形となった。前半を見る限り、今日の高温多湿のコ […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアム 電車でのアクセス 

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)への […]

20151st ステージ 第14節(H)浦和レッズ戦

さきほど現地より帰宅。1-6の大敗。早い時間の退場、早い時間のリード。自分達のプランと違う戦い方に、 […]

日高拓麿、引退

日髙拓磨選手 現役引退のお知らせ(カターレ富山) かつてサガン鳥栖に所属した日高拓麿選手が引退を発表 […]

2016 2nd ステージ 第6節(H)鹿島アントラーズ戦

毎日猛暑で体が厳しい。ましてやこの環境で運動するとなると、気が滅入るどころか、危険ですらある。そんな […]

no image

2014J1第30節vsアルビレックス新潟戦(HOME)

11/26、本日は連戦の都合上か日曜開催。気温少し高めでピッチコンディションはよい。ベアスタは芝生が […]

2016 1st ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

試合が行われる当日その時間は外出中。ネットで状況確認。前半時点で0-2。帰宅後結果をチェック。0-3 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly