*

2015 2nd ステージ 第16節(H)ベガルタ仙台戦

      2015/11/09

今日はホーム最終戦。11月に入ったが気温は高めの曇天。システムはまた変わっていて3-5-2。豊田、池田のツートップにボランチとよんでいいのか中央のMFに早坂、水沼、アンカーの位置に高橋を配するフォーメーション。前節の試合後水沼と監督のインタビューから推測すると、藤田が怪我して今使える選手を生かす事と中央を厚くして崩す狙いが見える。CBはミンヒョクが怪我なのか、谷口と菊池に丹羽がスイーパーの位置。

  豊田 池田
  早坂 水沼
ミヌ  高橋   吉田
 谷口 丹羽 菊池
     

sub:奥田 小林 白 鎌田 福田 田村 岡田

対する仙台はオーソドックスな4-4-2。

   ハモン 奥楚
リャン 富田 鎌田 金久保
 二見 石川 渡邉 菅井
      六反

sub:関 蜂須賀 野沢 藤村 武井 金園 山本

開始1分で鳥栖が先制。早坂の見事なランニングで裏を取り、吉田へクロスからダイレクトで折り返し豊田。吉田の折り返しも良かったが、早坂のランニングがこのゴールを呼んだと思う。この先制点によって、両サイドがあまり前に出る必要がなくなり、しっかりと守ってカウンターを伺う展開。5-3-2といった形となり、真ん中もしっかりと三枚いる為、仙台もそうそう中に入っていけない。本来であれば、両サイドの裏を狙いたいのだろうが、出てこないのでそうそう使えない。

それでも仙台になんどかチャンスを作られる。仙台が元々狙いたかったのはサイドの裏のスペースだと思うが、前半30分ぐらいにきっちりキムミヌが裏をとられてハモンロペスに決定的なクロスが入ったシーン。外してくれたから良かったが、ほかにも林に救われたシーンも多く、引いていたにも関わらずどちらかというとカウンターのチームの仙台にやられるシーンが目に付いた。

一方で鳥栖はカウンターを狙っているものの、スピードのあるカウンターを繰り出す事が出来ず。遅攻時、相手に守備組織を作られた状態での崩しはまだまだで、敵陣深くまでは運んでシュートまではいけるものの、決定的なチャンスまでは作れず。本来であれば、2トップと早坂、水沼のどちらかでもう少しカウンターを演出できていれば、展開はもう少し楽になっただろう。ここで追加点が取れないところがチームの苦しさを物語っている。

今日の形は、早坂と水沼がキーで、出て行くときも両方は出て行かずどちらかが残り、アンカーの横のスペースを見る。これまでのやり方だと、サイドのスペースはミヌ、吉田のオーバーラップを使っていたが、早坂、水沼がサイド裏のスペースに入って起点を作る。ディフェンス、攻撃両面でもバランスを取る重要な役目をこなしていた。両サイドよりこの二人の負担が大きかった。オーソドックスなやり方と違うので、負担が大きくスタミナが切れるポジションでもぽんと交代をする事ができなかったのではと思う。

今日は交代枠で最初に鎌田を使ったが、今日の状況ならスピードのあるペクソンドンを使っても面白かったんじゃないかなと思う。よりペクが生きるシチュエーションだった。今日は鎌田はぺナで相手DFを強引に抜いてシュートまで持っていったシーンがあった。

その後、豊田が接触で痛んで交代。CBに小林を入れ谷口がボランチで5-2-3。トップに早坂、シャドーに水沼、鎌田、高橋谷口でダブルボランチ。分かりやすい形に戻して逃げ切りに。最後の方のプレーでよかったと思うのが、ラストプレー近くのCKで、スタジアムのゴールコールを受けながらも、きっちとキープに入って時間を使おうとした所。ワンプレーで何が起こるかわからないのがサッカーの怖さ。勝利目前で調子に乗ってカウンターを食らうリスクをわざわざ負う必要はないのだ。煽られて調子に乗らなくて良かった。

個人的な感想としては、勝つには勝ったが強さは感じなかった。新しいシステムを使ってきたというのもあるが、全体的な共通理解も成熟度もまだまだ。それが現状なら受け入れねばならないだろう。

試合後の豊田のヒーローインタビュー。勝利の重さ。なかなか思ったようにいかない今季の苦しさ。喜びがあふれるというよりも、そういった背負っている重いものが思わずこぼれ出た、そんなインタビューだった。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

クラブ経営

サッカークラブ経営という無理ゲー

「Jリーグ再建計画」を読む 先日この本を読みました。 某ブログにて発見し、久々にクラブ経営関連の本を […]

no image

2/14 プレシーズンマッチVS.FC東京戦

ここに書くのをすっかり忘れておりましたが、プレシーズンマッチを観戦。 結果は負けたけれど、チャンスは […]

20151st ステージ 第16節(H)FC東京戦

先ほど現地より晩飯を食べてから帰宅。結果1-2の惜敗。軽くビールを飲んでいるので、ぼんやりと感想。悪 […]

no image

天皇杯は負けました

昨日10/9、天皇杯マリノス戦が三沢で行われました。 結果は2-1で、負け。やはり守備に追われていた […]

no image

来季は

もうあと1節で全日程終了。早いもので、幸せなシーズンももうおしまい。そして年末。 今年は出席率は減り […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアムへのアクセス

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 サガン鳥栖がホームゲームを開催しているのがベス […]

no image

2011第38節vs.ロアッソ熊本(HOME)

前日の天気予報は雨。朝方ぱらぱらと降ったものの、時折光差すお天気具合。今日は、今シーズン最終戦。 ど […]

2016 2nd ステージ 第6節(H)鹿島アントラーズ戦

毎日猛暑で体が厳しい。ましてやこの環境で運動するとなると、気が滅入るどころか、危険ですらある。そんな […]

2016シーズンの監督、前FC東京のマッシモ フィッカデンティ氏に決定

マガト・インパルス 以前より来期の監督人事については、ドイツの名のある監督マガト氏の就任が取り沙汰さ […]

no image

2011第28節vs.大分トリニータ(AWEY)

試合がおこなわれたのが先週9/17。すっかり遅くなってしまったが備忘録。 試合は0-0のドロー。試合 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly