*

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦vsガンバ大阪戦

   

先ほどBS録画を視聴。森下サガンがやろうとした事はだいたい形に出来た試合だったと思う。結果は3-1で敗戦。

両方とも、怪我人が多く韓国組の数名は軍事訓練の関係で帰国中。ベストメンバーには程遠いチーム状況。鳥栖はエース豊田が欠場、キムミヌは怪我。怪我あけの藤田もベンチスタート。今季後半おなじみとなった3-4-3(3-4-2-1)のフォーメーション。

    池田
   早坂 水沼
ペク 岡本 高橋 吉田
  菊池 丹羽 谷口
    

sub:赤星 小林 坂井 藤田 鎌田 田村 岡田

ガンバは左SBの藤春がコンディション不良で今野が左SBに。ボランチに井手口。

   パトリック
宇佐美 倉田 阿部
   井手口 遠藤
 今野 丹羽 金 米倉
      東口

sub:藤ヶ谷 初瀬 二川 明神 内田 リンス 長澤

長い準備期間があっただけに、試合序盤は鳥栖が先手を取る。サイドで優位に立ち、相手を押し込む。ボールの出所の遠藤を押さえ込み、パトリックへのロングボールも上手く対応。攻撃時にはそのサイドを上手く使い、つないでゴール前まで運ぶ。

ガンバは試合を支配されながらも個の力でこの状況を打開。パトリックが下がったところで倉田からのロングボールを裏に抜けた宇佐美がぴったりトラップからいつも通り早いタイミングでのしシュート。さすがとしか言いようがない。

シーズン中の監督のコメントどおり、鳥栖は自分達のやり方を続ける。ガンバも無理にこじ開ける必要がなくなったので、比較的落ち着いて回しだす。前に出ざるを得なくなった鳥栖は、カウンターを何本か食らうが、相手のミスやDFの対応でなんとか食い止める。宇佐美の調子は非常によかったのだが、ガンバ自体の出来はそこまでよくはなかった。鳥栖も失点はしたものの、内容は悪くはない。

後半入っても似たような展開で、カウンターを狙うガンバ、どこかで鎌田や藤田を使ってさらにまえがかりになるだろうと予想。まずは鳥栖が鎌田のカードを切ってくる。そして後半20分ぐらいに鳥栖の攻撃がついに実る。サイドチェンジのボールが吉田に入って、吉田からのクロスをGK東口がキャッチミス、ニアに入りすぎたボールが脇下をすり抜けつめた早坂が押し込む。

やはり不思議なもので、同点になり鳥栖がペースを握りだす。ハードワークできるスタミナの差もあり、試合序盤のようにサイドで優位に立ちだす。

ここで中断。後半の入りでもあったのだが、ゴールネットが一部外れたか何かで修理に5分間の中断。

試合中というのは、監督の声も選手までなかなか伝わらないので、近くの選手や交代選手を使って伝言を伝えたりしている。だが状況は刻一刻と変わるのでなかなか修正は難しい。今日の試合では、中断が入ることで仕切りなおしとなり、直接監督から選手に指示され、ガンバは上手く中断帰還をつかって修正する事に成功。

鳥栖の左サイドから入ってきて長澤がヒールで落としてこれまた宇佐美の素晴らしいシュート。本当にシュートのタイミングが早い。あれではブロックも間に合わない。とどめの三失点目は、長澤の得意の迫力あるプレスでボールがこぼれてゴール。

鳥栖は早坂、岡本を下げ藤田、小林を入れて谷口をトップに入れてパワープレー。だがなかなか谷口にボールが入らない。サイドまでボールを運ぶものの、クロスも上げさせてもらえない。3点目を失ったことで、鳥栖のメンタルがダメージを受けているのが見て取れた。

試合内容自体は悪くない。みんな頑張っているという。だけど勝てない。今季を象徴するようなゲームだったと思う。ボールをサイドまで運べるようにはなった。だが、フィニッシュのイメージがない。一方で、ガンバは遠藤やパトリックなど起点が抑えられても個人の力で試合を決めきれる。中断で流れが途切れたのは運がなかったが、わかっててもやられる個の力をもったガンバの選手層とは差があると思う。もちろん鳥栖も豊田という”わかっててもやられる”絶対的空中兵器があって、それをチーム戦術の中心に前監督は据えてきた。だが、森下監督はあえてそれをやらなかった。監督として見えているものが違うのだろう。

このまま同じチームで続けて、足りない部分を補強する事ができればこのチームは上向くかもしれない。監督はおそらくいい人で、フロントからのオーダーはしっかり守り選手の事を深く考え、もっとこういう選手が欲しい、勝つ為にこうしたいという要求をあまりしない人なのかもしれない。おそらくそこがあだになって勝利に貪欲になりきれなかったのではないだろうか。

だが、よっぽど無能な監督でない限り、監督の個性を補完するようなスタッフがいたり、選手がいたり、突然チームが金満化したり、そういうめぐり合わせでいいチームが出来上がるもので、いろいろと成功は運次第でもある。森下さんにはこれまでの経歴でいろいろとあまりよくない箔がついてしまっているが、どこかで成功する事もあるかもしれない。

試合後のコメントや最近の報道を見聞きする限り、おそらく森下さんは今季限り。なにか今季の総括っぽくなってしまったが、森下監督お疲れ様でした。

そして、2015年のメンバー、スタッフ、裏方の方々、お疲れ様でした。

 -サガントス, 天皇杯

ad

  関連記事

2015 2nd ステージ 第16節(H)ベガルタ仙台戦

今日はホーム最終戦。11月に入ったが気温は高めの曇天。システムはまた変わっていて3-5-2。豊田、池 […]

鎌田大地選手、U-22日本代表候補キャンプ参加中(追記あり)

現在売り出し中の鎌田選手、京都のキャンプに参加中です。それでこの記事なんですが。 売り出し中の19歳 […]

2017 J1第11節(A)清水エスパルス戦

連戦の最後を締めくくるアウェイ清水戦。鳥栖は前節のリーグ戦で豊田、谷口が負傷し、代役としてイバルボ、 […]

no image

2012J1第11節vs.大宮アルディージャ(HOME)

当日は日陰は肌寒く日が当たると暑いというような天気。快晴でコンディションは良好。試合は1-1のドロー […]

2016 1st ステージ 第15節(A)名古屋グランパスエイト戦

当日はリアルタイムで見ることができなかったので、先ほどスカパーにて視聴。6月に入り梅雨入りし、昨日の […]

no image

サガントスJ1昇格承認 追記

もう少し情報が出てきたので、前回の記事の追記です。 経営面の指導については、大東和美Jリーグチェアマ […]

2017JリーグYBCルヴァンカップ GS第3節(H)セレッソ大阪戦

水曜ナイトゲームのルヴァン杯。相手は好調のセレッソ大阪。ユンジョンファンがついにベアスタに帰ってきた […]

no image

2011第15節vs.ギラヴァンツ北九州(AWEY)

当日は、残念ながら現地には行けず。結果はスコアレスドロー。 雨が降るコンディションで、パスサッカー的 […]

no image

2011第24節vs.水戸ホーリーホック(HOME)

今日は現地観戦。結果は2-1の勝利。なんとか逃げきった形となった。前半を見る限り、今日の高温多湿のコ […]

no image

サガン鳥栖U-18より守田創選手がトップチーム昇格内定

久方ぶりの内部昇格ではないでしょうか。 サガン鳥栖U-18より守田創選手がトップチーム昇格内定のお知 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly