*

Jリーグラボ#24 指導者 城福浩のお話 その2

      2016/02/03

Jリーグラボ#24 指導者 城福浩のお話 その1
先日、スカパーオンデマンドで「Jリーグラボ」の2015年度の総集編を視聴しました。知ってる人は知ってると思いますが、札幌の社長野々村...

前回の記事からの続きです。城福さんと言えば前回FC東京を指揮した際に掲げていた「ムービングフットボール」の印象が強く、その実際の内容はわからないけど、ポゼッション志向の繋ぐサッカーだろうなと印象を持っていました。時を経て、城福さん自体の考えが変わっていったのかもしれませんが、この放送を見て非常にサッカーについて深く考えているなと思いました。国見と野洲を対比させての話でしたが、サッカーのシステムに優劣はなしって事ですよね。パスサッカーがキックアンドラッシュの上位では決してない。

そしてその言葉、伝え方がわかりやすい。よほど思考を深められてその考えが血肉になってるからこそ、言葉が滑るようにでてくるのかもしれません。二流解説者とかだと同じようなワードの繰り返しとかになっちゃいますからね。

今回は、前回の話に続けて野洲高校の練習を見に行った話です。
(囲み中はすべてJリーグラボ#24からの引用)

野洲高校を見学にいった話

(城福)
U17の代表の監督ややっていた時の話。たまたま機会があり野洲高校の練習を見学にいった。その際、(現日本代表の)乾の顔を知らずにドルブリの練習を見ていた。ずっとその練習を見ていたがみんな上手いから誰が乾はわからない。よーし100%のスピードでやろうってなった時に、あ、あれが乾だなとわかった。

(城福)
その時も思ったし、国見のようなキックアンドラッシュでも当時の野洲のようなパスサッカーでも、アプローチはいいと思う。とにかくなにかに徹すれば、中学から高校まで6年間見れる、そうすれば誰が乾かわらないようなドリブラーは作れるんですよ。

全てを伝えると何も残らない。指導者の徹する事、失うものの自覚。

(城福)
ということは逆に言えば、違うことで輝いたかもしれない選手を潰してたり、もっと視野の広い選手を潰す可能性もある。キックアンドラッシュをすれば、それでフィジカルで戦える選手は育つけど、つなぎたい選手を潰す可能性がある。じゃあ、両方を、国見にパスサッカーをすればいいじゃないか、逆に、野洲に長いキックもすればいいじゃないか、(そういう風に)全部を伝えるとなにも残らないから。

(野々村)
そうなんだよな

(城福)
そうでしょ、だから徹するんだったら徹して欲しい。僕は、徹することでなにかを潰していることを自覚して欲しい。僕はそれだけで十分だと思う。

(野々村)
その自覚があればもしかしたら

(城福)
俺はこれにこだわりたいと、だけど、こだわることによって失っているものがあるということを、指導者の全員が持つ事で、いろんなタイプの選手が日本に出てきて、コンマ一秒を縮めることが可能になるのかと思う。

去年の鳥栖を思い浮かべて

この最後の部分、ここが一番ハッとしましたね。

指導者が自分のやり方にこだわる事なく、キックアンドラッシュもやる、パスサッカーもやるとなると、全てが中途半端になり何も残らない。

ここで、去年の鳥栖のやり方がパッと浮かんで、やっぱりああいう任せ方はいかんよなと思ったのでした。というのも、これまでのスタイルの継続という注文をしながら指導をまかせるやり方です。森下監督もまじめな方ですし監督もやりたいでしょうから、フロントの要求もまじめにこなそうとします。マッシモ監督に決まったときも書きましたけど、森下さんは前監督のスタイルと自分のスタイルで中途半端になった感は否めません。

そういう意味では、成功の為にしっかりフロントにオーダーを出し、要求が通らないと見て就任を断ったマガトは、やはりプロフェッショナルなんじゃないかと、今になれば思います。

もしかしたら、森下さんが成功する監督になるためには、一旦感謝を脇に置き、感謝はとても大事なことなのだけど、こだわって自分のオーダーを通すべきなのかもしれません。やっぱりどちらかというと育成で成功しそうだっていうのは、当たっているのでしょう。それぞれ求められるキャラクターが違うのかしれないですね。

 -Jリーグ, サッカー全般, 備忘録

ad

  関連記事

2016 1st ステージ 第4節(A)横浜Fマリノス戦

雨予報だったが、試合前には雨は上がった模様。3月も半ばを過ぎ、桜も咲き始め春めいてきた。サッカーをす […]

Jリーグラボ#24 指導者 城福浩のお話 その1

先日、スカパーオンデマンドで「Jリーグラボ」の2015年度の総集編を視聴しました。知ってる人は知って […]

2015 2nd ステージ 第1節(A)柏レイソル戦

さきほどスカパーでリアルタイム観戦。前半0-3からの最終的に2-3。もっと楽に締められない所が今の鳥 […]

2016 1st ステージ 第14節(H)浦和レッズ戦

土曜日から雨が続く日曜日。雨は試合開始の少し前に小降りになる。水曜日のアビスパとのダービーをいい形で […]

2016 2nd ステージ 第3節(A)湘南ベルマーレ戦

先週土曜日のアウェイゲームから中三日のアウェイゲーム、場所は平塚。確か鳥栖はここで勝利した事がない。 […]

no image

サッカー選手もまた人間だな

ワールドカップが絶賛開催中。日本は初戦コートジボワール戦を落とした。個人のパフォーマンスが良くないし […]

2016 2nd ステージ 第4節(H)名古屋グランパスエイト戦

温度湿度ともに高いきつい時期の連戦も一区切り。相手は、降格圏に沈んでいる名古屋。今節は他の試合もドロ […]

2016 2nd ステージ 第1節(H)FC東京戦

梅雨時期で湿度がめちゃくちゃ高くて不快な土曜。同日同時刻に福岡がホームでレッズ戦をやっているので、イ […]

2017 J1第3節(H)サンフレッチェ広島戦

3月ながら気温も高めのいいコンディション、ベアスタにて現地観戦。相手は苦手広島だが、まだ未勝利なので […]

no image

アルゼンチンVSドイツ、ガーナVSウルグアイ

ドイツ-アルゼンチンを見た。 ドイツの半端ない強さに叩きのめされました。強い。あれは強い。綺麗に並ん […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly