*

2016 1st ステージ 第4節(A)横浜Fマリノス戦

   

雨予報だったが、試合前には雨は上がった模様。3月も半ばを過ぎ、桜も咲き始め春めいてきた。サッカーをするには絶好の季節。今日の試合は横浜、ニッパツ三ッ沢球技場。結果は2-1の敗戦。

先発はコンディション不良の岡田から好調の富山、前日に捻挫した岡本に代わり高橋が起用される。対する横浜のフォーメーションは4-2-3-1。

まずは試合開始早々に失点。オフサイドと判断したのか引っ張られたのかわからないが、センターバックのファビオからのロングフィードが、高いDFラインの裏に抜け、それをFW富樫に決められる。

2試合連続追いかける展開となり、なかなか思うような試合運びをさせてもらえない。しかし、試合開始すぐの得点で、マリノスは守備に重心を置いてカウンター狙いとなり、鳥栖がボールを持つ時間が多くなった。前半は、マリノスはシュートがこの一本だけ、鳥栖は10本近く打つ事が出来た。

試合を通してだが、マリノスはよくスカウティングをしていると思う。攻撃は中を使わずサイド、そして高いDFラインの裏を狙う。守備面では、しっかりボランチを潰して配給させず、サイドに蓋をしてサイドバックの上がりからのクロスを封じる。

カウンターは上手く潰しながら、中から外、そしてクロスを中心に攻める鳥栖。しかしなかなかゴールを割ることが出来ない。そうした中、後半18分、中央PA前からフリーキック。DFにあたったボールがポストにあたり、それを谷口が押し込む。どうにかこうにか同点に追いつく。

逆転されたのは、またしても裏へのボール。スルーパスがFW伊藤へ渡り、GK林がナイスセーブ。こぼれたボールを中町が拾い、高橋が寄せるも切り返して右インフロントでカーブをかけた見事なシュート。これは中町を褒めるしかない。問題は、スルーパスへの対応、もしくはスルーパスを出させた事にある。

失点後は、高橋に変えてペクソンドンを投入。はっきりわからないけど、おそらく442のダブルボランチ、ミヌとチェソングンがボランチで右にペク、左に鎌田。中を諦めて、とにかくサイドからクロス。しかし、マリノスに上手く時間を使われてあまりチャンスを作る事ができなかった。

同点に追いつかれて攻めざるをえなくなったマリノスは、攻撃が上手く機能していなかった。サイドを使う意識が強すぎてスペースを潰しあっていた。それでも作ったチャンスをきっちりと見事に決めて勝利を引き寄せる。

鳥栖は前節よりもよりサイドを使う意識が増えた。そして、アンカーを経由せず、サイドバックやインサイドハーフからゲームを作る場面が多く見られた。アンカーにボールを入れない分、DFから豊田へのロングフィードの場面もいつもより多かった。

今日初先発の富山だが、鎌田の動いたスペースを使うのが上手い。よく楔を受けやすいところに顔を出していて、ポストプレーもボールが収まるしやっぱりいい選手だ。枠にとんだエリア外からの鋭いロングシュートも良かった。藤田のアーリークロスからのヘッドも惜しかった。

藤田も前節はクロスがさっぱりだったが、縦を切られていたので早めにアーリークロスを入れてみたり、カットインしてクロスを入れてみたり、なかなかいいパフォーマンスを見せてくれてた。クロスの質も良かった。

一方で、CB陣。高いラインはもちろんリスクがあるのは当然。対人の強さを優先する選手起用の仕方は、前からのプレスで裏へ出させない事とセットだが、アジリティ勝負になるとちょっと弱いなと思う。すべては防げないし、優先順位の問題はあるが、裏への対応へパフォーマンスは良くなかった。特に二失点目のスルーパスはボールをカットしに行くか人についていくか一瞬まよったんじゃないかと思う。テレビで見る限りカットできたような気もするし。

あと、セットプレーの可能性を感じない。今ある選手からキッカーを選ぶ他ないから、しかたないけど。名波も言っていたが、セットプレーはキックの質が8割だと思う。

まず追いかける展開は、監督の狙うゲームプランではないだろう。あんまり勝てないと、だんだんと外野がうるさくなる。特に新任監督には。それがチームの中に波及しないよう、そろそろ勝ちが欲しいところだが。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

2013J1第9節vsFC東京戦(HOME) 

先ほど現地より帰宅。残念至極。やはり先制点が欲しい。 1失点目はコーナーキックの崩れたところをミドル […]

no image

2013J1第18節vs大分トリニータ戦(HOME)

まとわりつくような湿気。気温はさほど高くないけれど、湿度が高いと体温が下がらないのでキツイ。ハードな […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアム パークアンドライドでのアクセス

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアム。通称ベアスタ。基本 […]

2015 2nd ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

シルバーウィークということで、前に書いた「ぶらり中国ドライブパス」を利用して広島まで。途中多数の鳥栖 […]

2015 第95回天皇杯

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦vsヴェルスパ大分

天皇杯2回戦ということで、ベアスタはのんびりムード。小雨がちらくつが、観客数も3000人程度で快適に […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節 (H)川崎フロンターレ戦

水曜日のナビスコカップを現地観戦。次の試合が中2日のため、さすがにマッシモ監督も今回はサブ組をスタメ […]

2017 J1第9節(A)鹿島アントラーズ戦

すっかり時間が空いてしまったが、日曜日のアウェイ鹿島戦を振り返り。2-1で先制しながらの逆転負けとな […]

no image

2013J1第12節vs浦和レッズ戦(AWEY)

勝ち点すら遠いなあ。そんな感じで6-2で完敗。繰り返される同じような失点パターン。クロスの精度を褒め […]

no image

2014J1第27節vs横浜F・マリノス戦(HOME)

珍しい日曜日開催。10月になって3時開催。台風接近の影響で、強風のゲーム。 マリノスは怪我人が多いら […]

no image

2013J1第10節vs大分トリニータ戦(AWEY) 

九州ダービーとかはどうでもよかったのだが、この危機的な状況から大銀ドームに参戦。時間なく後半20まで […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly