*

2016 1st ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

   

試合が行われる当日その時間は外出中。ネットで状況確認。前半時点で0-2。帰宅後結果をチェック。0-3。スカパーの録画を見る気が失せる。夜中もぞもぞと起きて録画をチェック。

スタメンはCBが累積により谷口が出場停止で菊池。その他はいつものメンバー。対する広島は、目ぼしいところでは、青山が先発に復帰、両ワイドは柏とミキッチ、トップが清水より加入のピーター・ウタカ。メンバーは少々変わったが、やってるサッカーは去年と変わらない。リトリートして低い位置からのつないでのカウンター。

失点は立ち上がりあっさり。縦パスがシャドーの柴崎に入り藤田のスライディングを冷静に交わしてフリーの茶島へ。しっかりと枠にシュートを決める。

元々リトリートしてブロック形成する広島なので、失点してしまうとより隙がなくなる。下位の湘南ですら崩していけない鳥栖の攻撃では、なかなかシュートまで持っていけない。どうしても中に入れては下げるシーンが目立ってくる。それでもあせらずやるしかない。

だが、あっさりと追加点を決められる。守備人数はいながらも、ミキッチからのピンポイントをクロスをウタカがヘッドでゴール。両者お見事。

後半開始。監督の指示は、落ち着いて一点返そう、前から守備しよう、攻撃に厚みを。前から守備は頑張っていた。ほとんどまともな攻撃ができなくて失点も重ねてなんとかしようという思い。上手くいかなくても全力を見せようという姿勢。それは、走行距離、スプリント数を見てもわかる。

しかしながら後ろが安定しない。林も試合後の自分のブログで言っているが、343のシステムと442のシステム、5対4にになるので、自分の見る選手がルーズになってしまっていた。吉田がミキッチの所を寄せ切れなかったのもこれがある。まずは、トップ下の白を削って岡本を投入。守備時には左サイドをチェソングンに見させて532で守らせる。

結果的にどうなったかというと、前線だけどんどんチェイスするが、バックラインが押し上げられないので、元々繋げる広島にチェイスは交わされて、中盤を自由に使われどんどん運ばれる。悪循環でさらにバックラインは押し上げられない。

監督は試合後、チェイスした姿に最後まで(チェイスを)やれた事に一定の評価をしつつ、次に繋げるという。しかし、明らかに組織的には上手く言ってなかった。早々の失点はミスだという。だが、広島の選手が上手いようにしか思えない。縦パスを入れさせたのミスなのか、簡単にスライディングして外されたのがミスなのか。自分には、誰かがミスしたというより柴崎や茶島が上手いプレーをしたと思う。

やはり、長年キックアンドラッシュを中心にしてきた選手には、繋ぐサッカーは難しいのか。確かに早々に得点してがっちり固めた広島のブロックに入っていくのは難しい。だが、結果としてシュートはわずかに一本のみ。それもまったくの枠外。選手はそれぞれ得意なプレーがあり適性があるのを認めないといけないようだ。

そして、現実的にならないといけない。是が非でも降格は回避したい。恐らく監督は、今のやり方以外に方策を持ってない。それならば、監督を変えてチームを変えるか、スタイルにあう選手に入れ替えるか。帯同メンバーにも入れない選手は、どんな過密日程でも使われない現状では、そうする以外に方法がないように思える。

一方で、今のスタメンの選手も、相当に心も体も痛んでいる。まずはそこからの回復を。どのような手がとられようと、次の試合はすぐに来る。少しでも可能性を高めるために。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

2011第15節vs.ギラヴァンツ北九州(AWEY)

当日は、残念ながら現地には行けず。結果はスコアレスドロー。 雨が降るコンディションで、パスサッカー的 […]

20161st1secfukuoka(H)

2016 1st ステージ 第1節(H)アビスパ福岡戦

待ちに待った開幕戦。J1での開幕ダービーマッチ。お互いJ1では低予算ながら、この舞台での対戦が実現す […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアム 駐車場情報と自動車でのアクセス

この記事の情報は。2015年9月現在の情報です。また、はじめに言いますが自動車でお越しの方は、パーク […]

観戦ガイドのアイコン

ベアスタから鳥栖駅への迂回路(2)南ルート

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)から […]

2017 J1第7節(A)ジュビロ磐田戦

時として勝者に値しないプレーぶりながら勝ちを拾う事がある。今日はそんな試合になりかけた。だがそう甘く […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦vsFC琉球戦

2016年の天皇杯が始まった。バックスタンドで観戦していると、今年の決勝は吹田スタジアムとの事。なん […]

2015 2nd ステージ 第9節(A)ヴィッセル神戸戦

ここ数日とても涼しい。気温も30度に届かない。今日のアウェイの地、神戸も似たような感じですっかり秋め […]

2016 2nd ステージ 第8節(H)川崎フロンターレ戦

毎日毎日暑い。雨も降らず気温も35度を越えてくる。選手にとってはきつい季節が続く。そして相手は首位川 […]

20151st ステージ 第17節(H)サンフレッチェ広島戦

ナイトゲーム現地観戦。またしてもロスタイム、ラストプレーでの劇的な同点弾。とにかくこれにしびれながら […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly