*

2016 1st ステージ 第14節(H)浦和レッズ戦

   

土曜日から雨が続く日曜日。雨は試合開始の少し前に小降りになる。水曜日のアビスパとのダービーをいい形で締めくくれなかったチームは、ホームで強豪レッズを迎える。レッズは水曜日に韓国で延長のアウェイ戦を終えたばかり。それなりの疲労もあるところ。これまで4312を貫いてきたマッシモだから、スタイルは変えないと想像していた。

スタメンはFWに早坂、MFに福田が起用される。他はいつものレギュラーメンバー。トップ下にペクソンドン。両サイドバックは吉田、藤田。センターバックは谷口、ミンヒョク。もちろん豊田もスタメン。右インサイドにチェソングン。左に福田。アンカーは高橋。浦和はメンバーを変えてくるかと思われたが、水曜のレギュラーメンバーで試合に挑んできた。ワントップツーシャドウ343のおなじみの浦和のシステム。

まさかの5バックシステム?チェソングン過労死システム

試合が始まってみれば、積極的なプレッシングというより、リトリートしてほぼ5バックでの対応。まさか試合序盤から5バックを敷いてくるとは思わなかった。アウェイ広島戦のように、一度失点してしまうと今のチームではおそらく立て直せない。なにがなんでも失点したくない。監督はチームの現状を鑑みて、急激にガチガチの現実路線をとってきた。

本当は基本フォーメーションは4312なのだが、他の試合でも度々やっているチェソングンはDFラインに入って5バックになる変則5バックのシステム。浦和が基本的にボールを保持しているので、ずっと5バックに見える。カウンターになると、チェソングンは中盤まで出て行かないと行けないという、チェソングンにはとても過酷なシステムとなっている。早坂も積極的にプレッシングし続けて、3枚の中盤を支える。なかなか堅い。

監督はチェソングンを信頼している。それというのも、守備も攻撃も安定したレベルで対応できて穴が少ないところによる。本当にいろんな局面で仕事をしなければいけない過労死するレベルの仕事量で、試合終了間際にはヘロヘロになるのもよくわかる。よく頑張っていると思う。

どん詰まりポゼッションより可能性を感じるカウンター攻撃

5バックだったのでドロー狙いかと思うかもしれないが、はっきりいってポゼッションしてもどこかでミスしてフィニッシュにもたどり着かないチーム状態なので、今節の5バックシステムの方が可能性を感じる攻撃が出来ていた。公式記録のシュート数は3本だが、ポゼッションしてもそう多くはシュートを撃ててない。攻撃も相手が引いた局面よりもゴールに近い攻撃が出来ていた。

もちろんどの相手にも5バックで挑む必要はないが、チーム状況と相手が浦和という事もあり、なかなか上手く嵌っていたと思う。前半中ごろのペクソンドンがスピードにのってボールを運んでクロスを入れたカウンターなんかは、もっともゴールに近い攻撃だった。

どこかでやり方を変えてくるかと思ったが、スコアレスで折り返した後半も同じスタイルで戦う。確かにカウンターも出せてるし状況は悪くない。後は選手交代で違いを出すのか。

浦和は、関根に代えて駒井、興梠に代えてズラタン。システムを代えずフレッシュな選手を入れてきた。鳥栖も早坂に代えて富山を入れる。富山なら早坂より少しカウンターに可能性がでてくる。最後の交代は痛んだペクに代えて菊池。菊池はDFラインに入り、チェソングンの疲れも考慮して、チェソングンを移動させる変則5バックから、固定の5バックシステムに移行。

結局、浦和の攻撃を凌ぎ切りスコアレスドローで終了。ガチガチに守りきっていただけというだけでなく、カウンターを定期的に繰り出して、いい戦い方が出来たと思う。

がっちり組み合った盾と矛の戦い

それにしても浦和の恐ろしさ。ユン時代でも5バックを破られることがあったと思うが、5枚並べても左右に振られてサイドにフリーな選手を作り出す。やはりあれぐらいの精度を持ったプレーが出来ないと、がっちり構えたブロックを突き破る事は難しい。フリックやダイレクト、正確なサイドチェンジ。あのようなプレーがいまの鳥栖の選手にできるだろうか。いまの鳥栖は、ただただショートパスを繋いでいる狙いのはっきりしないプレーが多いように思う。

今日よかったのは、破られても粘り強く体を投げ出してシュートブロックして対応していた事。これだけ長い時間守備をし続けるのは相当しんどいと思うが、集中力をきらさずよく頑張った。試合終了後、韓国延長アウェイから帰国したレッズより鳥栖の選手の方が倒れこむ選手が多かった事からも、そのハードさがわかる。

一見、守備的に戦う方が劣っていると思うかもしれないが、そうは思わない。鳥栖はガチガチの5バックだったが、勝つチャンスは対等にあった。手持ちのカードを並べて勝つためにどの手を選択するかが重要で、5バックであろうがそれが勝利に近ければ、それは悪くない選択だ。

重要な戦いが続く6月

6月は重要な戦いが続く。まずは6月2日のホーム神戸戦。その2日後のナビスコはさておき、6月11日のアウェイ名古屋戦。6月18日ホームガンバ戦。6月25日アウェイ新潟戦。今日の戦い方からすると、神戸や名古屋、新潟にはハイプレスで、ガンバあたりには変則5バックで挑むと思う。ただし、今日もペクソンドンが負傷退場したし、U-23に絡む選手もいる。どうなるかはわからない。

勝利こそできなかったものの、レッズと引分け勝ち点1を積み上げられた事は、チームとしてはほっとしたと同時に、選手のメンタルも少しは持ち直したと思う。次のホーム神戸戦。自信を積み上げていく為にも、なんとか勝利が欲しい所だ。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

J2第36節 サガン鳥栖 vs.ギラヴァンツ北九州戦

去る11/23(祝)、行って来ました本城陸上競技場。アウェイは久しぶりです。 九州自動車道の大宰府- […]

no image

J2第20節 サガン鳥栖 vs.愛媛FC

スカパー観戦。結果1-1のドロー。現地お通夜。 先制しながらも、またも勝ちきれないゲーム。やっぱり鳥 […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第3節 (H)仙台戦

中三日で続けてのホームゲーム。水曜ナイトゲームのナビスコカップ。マッシモ監督は、大方の予想を裏切りフ […]

2017 J1第16節(H)浦和レッズ戦

浦和戦は毎年多い。雨が降って日曜の夕方の試合なので、多少余裕があるかと思ったがやはり人気ゲーム、17 […]

2016 1st ステージ 第3節(H)ヴァンフォーレ甲府戦

今年に入って初のベアスタ観戦。気温はこの季節としては低めの10度以下。見るほうとしては快適に観戦でき […]

2015 第95回天皇杯

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦vsガンバ大阪戦

先ほどBS録画を視聴。森下サガンがやろうとした事はだいたい形に出来た試合だったと思う。結果は3-1で […]

日高拓麿、引退

日髙拓磨選手 現役引退のお知らせ(カターレ富山) かつてサガン鳥栖に所属した日高拓麿選手が引退を発表 […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節 (H)川崎フロンターレ戦

水曜日のナビスコカップを現地観戦。次の試合が中2日のため、さすがにマッシモ監督も今回はサブ組をスタメ […]

no image

2011第32節vs.FC東京(HOME) 

先ほどスタジアムより帰宅。結果スコアレスドロー。 ビビッた。何がかというと、観客が15000も入った […]

さようなら藤田直之

唐突に藤田の神戸移籍が発表された。 これまで新聞やネットで見聞きした情報からすると、確かに藤田の年俸 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly