*

2016 1st ステージ 第15節(A)名古屋グランパスエイト戦

      2016/06/13

当日はリアルタイムで見ることができなかったので、先ほどスカパーにて視聴。6月に入り梅雨入りし、昨日の九州は気温も湿度も高く、この中でプレーするのはそうとうきついと思っていたが、公式によれば、当日名古屋の気温は 24.8℃ 湿度は51%。思ったほど過酷な環境でもなかった。

先発は目新しい所では、福田がスタメンに名を連ねてきた。これまで重用されてきたチェソングンに代わる出場。また、キムミヌがケガから復帰。よって中盤は、左福田右キムミヌ。アンカーに高橋。他はほぼいつもどおりのメンバーで、4312のシステム。対する名古屋は、ボックスの442のシステム。FWの2m近い長身のシモビッチを中心に、全体的に大きい選手を揃えている。攻撃をコントロールするのは中盤に入った田口。

試合開始早々の得点。輝いたトップ下とアンカー。

まずは、試合開始直後の先制点が試合を安定させた。コーナーキックからの最初のチャンスに、スカウティングと富山のキック精度によりもたらされた。見事なサインプレーだった。先制点により、チームは落ち着いて試合を進めることが出来、終始プレーが安定していた。今日はロングキックを蹴らずに終始パスで繋いでいたが、スムーズなパスワークで、低い所で奪われてショートカウンターを食らうような場面もなかった。

アンカーに入った高橋が、ボールの受け方がずいぶんよくなったと思う。久しぶりに蹴らない戦い方をしたので、今日は高橋の繋ぎが地味ながら効いていた。ボックスの442に対してダイヤモンド型の中盤なので、アンカーとトップ下はミスマッチになるが、今日はそのシステム上の利点が生きていて、高橋の攻守のつなぎと、トップ下の鎌田の活躍が目立っていた。

鎌田の方は、見せ場は数多くつくるもののの、決めきれなかった。前半終了から後半開始すぐぐらいまで、じゃんじゃんチャンスが来たのだが、すべて決めることが出来ず。今日は名古屋がうまく鎌田を捕まえきれなかった面もあるが、比較的自由にプレーする事が出来、ドリブルなどで鎌田らしいプレーは見ることが出来た。最近は守備もよくなってきているので、さらなるレベルアップを期待したい。

もちろんトップ下の鎌田にマークがずれると、中盤の他の2人、キムミヌと福田もマークがずれて動きやすい。その上、二人のバランスが非常に良かった。ミヌが出るとき福田が下がり、福田が出るときミヌが下がる。二人ともいいパスを前線に送っていたし、ゴール前にもよく顔を出していた。残念だったのはフィニッシュを決められなかった事だけ。

うまくいかない名古屋。模索中のシステムいじり。

鳥栖が安定していたのは確かだが、それにもまして、名古屋の攻撃がうまくかみ合っていない面があった。名古屋は、おそらくサイドをスピードのある永井やサイドバックを使って攻略してクロスを供給したかったはずだ。それに対して鳥栖は、特に永井のいる左サイド、鳥栖にとっての右サイドの藤田をオーバーラップを自重させていた。その対応も良かったのだが、監督からは、もっとサイドの裏にボールを入れるように指示がでていたようだが、サイドの裏にボールを供給する意図があまり感じられず、永井を生かしきれていなかった。

後半に入り、川又が下がりボランチに磯村が入り田口が一列上がってトップ下に。試合後の監督コメントによると、守備バランスを見ての交代という事。おそらくトップ下の鎌田を捕まえたいのと、逆にアンカーまわりのスペースを使いたいという意図だろう。後半も半分も過ぎてくると、シモビッチとのコンビネーションから田口が決定的なシュートを放ったりしたが、監督としてはもっと田口を経由した攻撃をしたかったと思う。試合終盤になってくると、ボランチを一枚下げてFW小屋松を投入。前の人数を増やしながら早めにゴールエリアにボールを運びたいところだが、残り時間も少なくうまく機能させる事はできなかった。

システムが固まらず手探りで自分たちの形を模索している監督。全体の意図統一がなかなかできていないチーム。このあたりに、名古屋の出来の悪さと不振が表れているように思う。

まずはひとつのステップを登る。大事な1st残りゲーム。

方向性の定まらない名古屋に対して、鳥栖は頑固にも4321を基本としてきた。今日はトップ下がうまく生きたので、チャンスも数多く作ることが出来た。つなぎでのミスも少なかった。だが、キミヌにしても鎌田にしても、今日のフィニッシュの精度は相変わらず課題だ。結局は、そこが解消されない限り、勝利する事は出来ない。

現時点で、16位の新潟と同じ勝ち点、得失点差でギリギリ15位。1stステージ残りはホームガンバ戦、アウェイ新潟戦。新潟も負けられないので、必死に戦ってくるはずだ。今年の残留争いの天王山が早くも訪れる。このまま、上り調子で6月をクリアしてほしい。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

天皇杯は負けました

昨日10/9、天皇杯マリノス戦が三沢で行われました。 結果は2-1で、負け。やはり守備に追われていた […]

no image

2012J1第29節vs名古屋グランパス戦(HOME)

久しぶりの佐賀陸である。秋の佐賀陸。我が家の毎年の風物詩になっている。なぜかあんまり勝った記憶がない […]

2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

no image

谷口堅三、文周元 退団

サガントス関連ですが、谷口くん、文選手が退団となりました。 この二人、元々半年契約だったんでしょうか […]

2016 1st ステージ 第16節(H)ガンバ大阪戦

梅雨に入って湿度が高い。夜になって気温はやや落ち着いたものの、気温60度、湿度70度。今日の相手ガン […]

2017 J1第4節(A)セレッソ大阪戦

多忙にてすっかり時間が空いてしまった。この試合は三連休という事もあり、遠征して現地観戦。ゴール裏とい […]

no image

天皇杯4回戦 VSモンテディオ山形

水曜ナイター現地観戦。90分終了時に退出。最終的に延長で敗北。 山形の前からのチェックがよくて、なか […]

no image

田中輝和選手 横浜FCより期限付き移籍加入のお知らせ

なんか来てました。 この度、横浜FCより田中輝和選手が期限付き移籍加入することとなりましたのでお知ら […]

no image

2013J1第1節vs鹿島アントラーズ戦(HOME)

3/2土曜日、早いものでもうJリーグ開幕。さっそくスタジアムへ足を運ぶ。試合自体は、鳥栖の進化を見て […]

2015 2nd ステージ 第5節(H)鹿島アントラーズ戦

九州北部は梅雨明け宣言が出た。だが気候はすっきりしない。前節同様、試合開始時点で30度前後、湿度も9 […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly