*

2016 2nd ステージ 第2節(A)ヴィッセル神戸戦

   

先週の劇的な勝利を得て、今日はアウェイ神戸戦。神戸は中位にいるものの、タレントの揃った好チーム。また、梅雨の高湿度のコンディションもまた試合の行方を左右しそうだ。結果は2-2のドロー。どちらに転んでもおかしくない好ゲームとなった。

鳥栖の先発は、ここ最近のスタメンから富山が負傷で早坂がスタメンで起用される。他のFWを押しのけて早坂がスタメンに入ったのは、前節の活躍によるものかと思ったが、しっかりとした理由があった。システムはもちろんいつもどおりの4312。

いい入り方だった鳥栖。しかし先制したのは神戸。

対する神戸は、442のシステム。注目は新加入のブラジル人ニウトン。途中加入でいきなり10番を付けるこの選手は、そうとう期待されている選手のようだ。トップのレアンドロ、ペドロジュニオールとともにブラジル人トリオのクオリティは高い。

鳥栖の試合の入りは悪くなかった。前からのプレスが機能してショートカウンター。セットプレーからもあわやゴールもというシーンを演出。ところが神戸はファーストチャンスをすんなりとゴールに結びつける。ニウトンの所を人数をかけてプレスに行った所をあっさりパスを出されて前線まで繋がれる。あとはツートップのクオリティでゴール。やっぱりレアンドロの決定力はすごい。

早々の失点で難しくなると思われた鳥栖だったが、前半のうちに同点にする。これもショートカウンター気味だったと思うが、チャンスからクロスの跳ね返りを鎌田がファーに絶妙なクロス。これをキムミヌが合わせて同点。このゴールシーンの前後にも、引っ掛けてカウンターのシーンを作ることが出来ていて、意外と悪くない。

プレスが効いていたのは、早坂が一列下がって献身的にプレスしていた事も一因としてある。試合後の監督コメントでもいっているが、相手両ボランチに対して鎌田と早坂にプレスに行かせる狙いがあった。早坂が起用されたのは、守備力や献身性や戦術の理解力があるからだろう。

発揮され始めた鎌田の才能。相手に渡した流れ。

次の得点をとった方が勝利に近くなる。そう思いながら後半開始。すると、開始早々に鎌田がその輝きを見せた。ゴールエリア近く左サイドでボールを持った鎌田がカットイン。神戸の守備は中に人数が揃っていたが、それを細かくフェイントでずらして、針の穴を通すように左隅にゴールイン。ホームガンバ戦の二点目と同じような形だった。きっと自信がある得意なプレーなのだろう。

これまでなかなか得点する事が出来なかったが、ここ数試合得点が増えてきた。やはり鎌田の出来不出来がそこは左右している。ある程度守備が落ちるのは目をつぶって鎌田の個人能力に期待して先発に起用し続けていた事が、ここに来て結果を出し始めている。だが、彼にはまだまだコンスタントにやって貰わないといけない。

ここからはある程度引きながらカウンターで仕留められれば100点のゲームだった。実際にその後チャンスシーンはいくつもあり、相手キーパーのファインセーブなどもあり、三点目が奪えない。そして次第にゲームの流れは神戸に。

失点シーンは右サイドから。これまたプレスを掻い潜られテンポよくパスを繋がれる。右サイドでもった小林がきりかえして左足でクロス。逆足でのクロスにタイミングを外されて中は跳ね返せない。それを飛び込んだ渡邉千真に決められる。

鳥栖の両方の失点ともにそうだったが、神戸は鳥栖のプレスの外し方が上手かった。取りどころで人数をかけてプレスをするので、ここを取りきれば鳥栖側のチャンスだが、外されると逆にスペースがあるので一転大きなピンチになる。

ここからは鳥栖が押し込まれる展開に。カウンターでチャンスメイクしたい所だが、押し込まれる一方で、前に基点を作ることができない。神戸もまた、鳥栖の弱点であるサイドを徹底して突いてくる。数10分前には勝利に近い流れだったのが、逆に失点しかねない流れになってきた。

交代はまずは鎌田から池田。この時点でおそらく442のフォーメーション。福田高橋のボランチに左ミヌ、右早坂のフォーメーション。神戸に行った流れはなかなか戻らず。87分、もうこの時点でドローでもいいという判断で青木を投入。5バックの235、サイドのスペースを埋める形で試合を絞めた。

まだまだ作り上げていくチーム。

さてこれで勝ち点1を積み上げて21点。順位にして13位。この状況だしアウェイなので、勝ち点1でも悪くはない。

チームの状況は先週の劇的勝利が効いてるものの、その前のアウェイ新潟戦のような力ない戦い方もしているし、失点が重なっているのも気になるところではある。サイドが破られるのはシステム的にある程度仕方がないが、中の対応がよくない。攻撃に関しても、鎌田がだんだんと調子が出てきたが、安定してコンスタントに結果を出してほしい所だ。チーム戦術としても、彼の出来不出来がチームの結果に直結する。

戦力の状況も、使われなかった多く選手がチームを去り入れ替わりつつある。選手構成面に置いてもまだまだチームを作り上げていく段階かなと思う。

そして、次は中3日でまたしてもアウェイ湘南戦。降格戦線においては潰しておきたい相手だし、1stのホームでの敗戦の借りを返したい相手でもある。高温高湿度、連続アウェイ、中3日。この状況でどういう選手選択をしてくるか。でも、多分やり方はあまり変えないだろう。早坂の所は変えてくるかもしれないが。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

2015 2nd ステージ 第4節(H)湘南ベルマーレ戦

まだ梅雨明けしない北部九州。午後6時過ぎても気温は30度を下回らない。湿度は90%を超える。夕方の強 […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦vsFC琉球戦

2016年の天皇杯が始まった。バックスタンドで観戦していると、今年の決勝は吹田スタジアムとの事。なん […]

no image

2011第2節vs.栃木SC(HOME)

先ほど帰宅。考えられる最悪のケースが来るとは、相当運がいい。(ちなみに結果は1-2の敗戦) 栃木は引 […]

no image

2013J1第12節vs浦和レッズ戦(AWEY)

勝ち点すら遠いなあ。そんな感じで6-2で完敗。繰り返される同じような失点パターン。クロスの精度を褒め […]

no image

2011 J2第31節あれこれ

10月も半ばに入ったというのに、九州はまだ気温が高い。そんな中、サガントスはアウェイ札幌戦。試合は見 […]

no image

オフィシャルのトップチーム紹介にて

先日、オフィシャルの選手紹介の2011版がアップされました。 http://www.sagantos […]

2016 1st ステージ 第6節(A)川崎フロンターレ戦

中三日で向かえたアウェイ川崎でのリーグ戦。天気は曇り。なんとなく予想していたが、やはりほぼフルメンバ […]

no image

2013ヤマザキナビスコカップ 第6節 vsセレッソ大阪戦(AWEY)

スカパーでリアルタイム観戦。なんというか、ツキが回ってこない時はとことんだなと思った。 今日はメンバ […]

no image

2014J1第30節vsアルビレックス新潟戦(HOME)

11/26、本日は連戦の都合上か日曜開催。気温少し高めでピッチコンディションはよい。ベアスタは芝生が […]

2017 J1第2節(A)川崎フロンターレ戦

ずいぶん時間が経ってしまったが、川崎フロンターレ戦を振り返り。今回は初めてのDAZNの実戦での視聴と […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly