*

2016 2nd ステージ 第11節(A)浦和レッズ戦

      2016/09/14

2ndステージ3位につけて好調の鳥栖は、2nd2位の浦和にアウェイで挑んだ。代表戦も終わり、両チームとも代表選手が揃う。鳥栖にとっては、好調のチームを試す上ではうってつけの試合となった。

スタメンは、鳥栖は前節と変わらずの4312。FWの位置でエルカビルか守備に献身的な早坂がでるのか、どうするかと思っていたが、マッシモはエルカビルを使ってきた。

一方浦和は、おなじみの3421。前線でズラタンや高木を起用。その他はワイドに宇賀神、関根、ボランチに柏木、阿部、CB3枚は、槙野、那須、森脇と見慣れた選手が並んだ。

戦い方を変えてきた浦和。魅せた精度の高さ。

1stでホーム浦和戦では、勝てない状況が続いていてチーム状況もよくなかったので、かなり自陣に引いて右のインサイドハーフに入ったチェソングンがほぼDFラインに下りて、5バックを形成する形だった。

試合の展開はボールを保持する浦和に対して跳ね返す鳥栖がたまにカウンター、それが90分通して行われ、鳥栖が守りきったという内容だった。

それに対して、2nd好調の鳥栖は、守備時は前回と同じようにインサイドハーフから一人下げて5バックとしながらも、より基本形の4312で試合を進める事となる。

対する浦和は、鳥栖の鋭いカウンターを警戒し、ボールを保持し続けた前回の対戦と違い、浦和はあまり前から守備をせず自陣をしっかりと固めて鳥栖にボールを持たせる戦い方をしてきた。浦和の方が逆にカウンターを仕掛ける形が多く見られた。

前半に関しては、お互いがカウンターを警戒しながら、緊迫したゲーム展開を見せてくれていた。

失点に関しては、誰かがミスをしたというより、浦和のクオリティが鳥栖を上回ったというしかない。あのシーンは作戦通りに福田がDFラインに入って5枚、浦和の使えるスペースを消していた。それを正確なコンビネーションで崩された。2失点目も同様の形でやられた。

後半は鳥栖は苦しい戦いを強いられる。前に出ざるおえなくなった鳥栖は、浦和の厳しい攻撃にさらされる。鳥栖は試合を通してロングボールを抑えて繋ぎを優先した戦い方だったが、前半以上に上手く前線までボールを運べずに、逆にカウンターで危険な場面を作られる。

後半も中盤に入ると、カビルを下げ富山、鎌田を下げ早坂を投入。左SBの吉田がやたらと高い位置を取っていたので、何かしらのシステム変更をしている。手を変え品を変え得点を狙うものの、浦和は柏木を下げて青木を投入で守備固めをするなど余裕の戦いぶり。

最後は谷口を前線に上げてロングボール解禁で全力パワープレーとなるが、谷口の惜しいダイビングヘッドもありながらも、得点をあげる事はできなかった。

積年の課題。引いた相手を崩せるか。

鳥栖がいい勝負をするためにも、まずは先制点を取られたことが痛かった。1stの広島戦のように早々に失点すると、カウンターが得意な鳥栖は難しい戦いを強いられる事が多い。

そして、今日の浦和は個人個人のパフォーマンスがとても良かった。鳥栖相手という事で、玉際でのファイトが強く意識されていて、その上でプレー精度も高かった。正直強かったと思う。

一方で、鳥栖は引かれた相手に対しての戦い方について、これはもう数年そうなのだが、もう一段のレベルアップが必要だと感じた。

今日は特にカウンター警戒からロングボールを蹴らなかったが、5バックを引いて守ってもやられてしまうのだから、難しい所だ。リスクは減るかもしれないが、今日の浦和ぐらいだとやられる時はやられる。

繋ぎに関しては前よりは良くなってきてはいるのは確か。1stはとにかく繋ぐことを徹底させたマッシモも、2ndは現場の声を汲んでか現実を見てか、ロングボールをメインの武器に使う事も多くなってきている。

マッシモはベースにはポゼッション志向がある事は確かだと思う。ロングボールを使いつつ、本当はポゼッションの質を高めたい。来年もマッシモが監督をするとして、浦和みたいな崩しが出来るかはわからないが、継続していけば新しい境地に見えてくる事もあるだろう。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

2016 1st ステージ 第16節(H)ガンバ大阪戦

梅雨に入って湿度が高い。夜になって気温はやや落ち着いたものの、気温60度、湿度70度。今日の相手ガン […]

Jリーグ村井 満チェアマンの講演会に行ってきた

毎年ブリヂストンとサガンドリームスの共催で、サッカー関連の著名人の後援が行われている。今年は村井満チ […]

2015 2nd ステージ 第13節(A)浦和レッズ戦

秋に入ってからはデーゲームが続く。大観衆の浦和のホームでの試合。前節勝ちきれず嫌な流れの中で、どこま […]

2015 2nd ステージ 第14節(H)名古屋グランパス戦

先ほど帰宅。残念ながら勝利とは行かなかったが、久しぶりにホームらしい勇気のある戦いが見れた。試合は0 […]

no image

J2第30節 サガン鳥栖 vs.横浜FC

試合結果。 地獄の泥仕合。天国と地獄。佐賀陸の呪い。岸野の執念。ジェットコースター。昔のダイエーホー […]

20151st ステージ 第16節(H)FC東京戦

先ほど現地より晩飯を食べてから帰宅。結果1-2の惜敗。軽くビールを飲んでいるので、ぼんやりと感想。悪 […]

no image

2011第24節vs.水戸ホーリーホック(HOME)

今日は現地観戦。結果は2-1の勝利。なんとか逃げきった形となった。前半を見る限り、今日の高温多湿のコ […]

no image

2011 J2第31節あれこれ

10月も半ばに入ったというのに、九州はまだ気温が高い。そんな中、サガントスはアウェイ札幌戦。試合は見 […]

no image

2012J1第18節vs.FC東京戦(HOME)

試合から時間がたってしまったので記憶があいまいだが備忘録。試合は試合終了間際にセットプレーからの得点 […]

no image

J2第18節 サガン鳥栖 vs徳島ヴォルティス

スカパーにて観戦。しょっぱい試合やった。 試合の入り方、前半ともに鳥栖ペース。チャンスは量産するがこ […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly