*

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦vsセレッソ大阪戦

   

天皇杯、次のステージはJ2セレッソ大阪。J2に沈んでいるとはいえ、油断できない相手だ。但し、J2は過密な日程をこなす上にセレッソは今3位で、昇格に向けてリーグが大事な局面ではある。鳥栖は次節の日曜日が、豊田、エルカビルの両FWが出場停止なので、両者は行けるところまで使える目処がたっている。

全然セレッソの試合を見ていないで、どういうサッカーをするのか全く情報が無かった。試合が始まってみると、351でスタート。リーグとは少しメンバーを変えているようだ。鳥栖はいつもどおりの4312のシステム。スタメン、ベンチも前節と変わりなし。

セレッソは前半は自陣にブロックを引く守備的な構え。セレッソと言えば、能力の高い選手をそろえているイメージだが、普段出ていない選手がいるためか思ったより繋げない。カウンターやサイドからクロスといった攻撃が中心。長いボールも結構使ってきた。

出足のよい鳥栖。守備的に入ってきたセレッソ。

今日の鳥栖はプレスが非常に効いていて、セレッソの出足の所で引っ掛けてショートカウンターというのが随所で見られチャンスは山のように築く。しかしながら、なかなか決める事ができない。

決めきれない流れで焦れていたが先制点は鳥栖。左からの攻撃、クロスが上がったその前の中での競り合いでPKを獲得。どうも豊田の手をDFが引っ張った模様。一度やり直しになるものの、しっかりと決めきる。

その他にも、またしても左からのクロスにファーにいた豊田にドンピシャのクロス。惜しくもGKキムジンヒョンのビックセーブに阻まれる。

前半はほぼ鳥栖のゲーム。

チャンスは多い鳥栖。力を出してきたセレッソ。

後半、セレッソは攻撃的に出てくる。現在チーム得点王の杉本を、後半13分にソウザを投入。引いて守った前半とはうって変わって前からプレスを掛けてきた。

後半しばらくの間、セレッソが主導権を持って攻める。セカンドボールもよく拾われて、別のチームのようにボールを保持してつないで攻めてくる。バイタルからのシュートや、いいクロスも入れられたが、セレッソの選手が決め切れないのに助けられた。

この日FWに入ったリカルドサントスが特に微妙で、なんどか決定的なシーンを迎えながら決めきれない。ポストとしてももうひとつの出来。あまり試合にでていないようで、試合勘が薄れていたのかもしれない。

攻め続けられる展開に後半7分に鎌田を下げて早坂を投入。早くも442にシステムチェンジ。ここからは、FWがよくボールを収めてそれなりにカウンターも発動。豊田やキムミヌなどつなぎのミスから逆カウンターを食らう場面もあったが、決め切れなかったが決定的なシュートまで持ち込む場面も目立った。

後半21分には、エルカビルに代えて富山。富山もチャンスに結構絡んで、高橋のヒールパスに抜け出して待望の追加点を決める。

その後はセレッソの追撃を振り切り、2-0で試合を決める。多くのチャンスシーンを作り、試合展開も安心して見れるものだった。しかし、セレッソもチャンスを作れていたので、一本でも決められていたらこうもいかなかっただろう。モチベーションの面でも少し差があったかもしれない。

いい面もミスもよく出た試合。

今日はとにかく前からのプレスがよく効いていて、相手の攻撃の基点のところで引掛けてられていた。豊田やキムミヌが繋ぎでミスした場面もあったが、全体的によく繋げていた。ただ、鹿島や川崎、広島クラスならば、こんなにミスはしないだろう。

今日のエルカビルは前節よりも良かった。イタリアやトルコで主力として活躍してきたプレイヤーとしての片鱗を見せてきた。玉際強く局面でもよくボールを持てる。テクニックもある。まだまだよくなるような期待が持てる出来だった。

この試合に限らずだが、ここ最近の鎌田はよくスプリントするようになったし守備も頑張ってるなと思う。今日はDFラインまで追ってボール奪取していた場面があったが、たまにコースだけ入って人に行かないシーンもあるが、2年目のプロ生活でフィジカルもあがってきているようだ。

 -サガントス, 天皇杯

ad

  関連記事

クラブ経営

サッカークラブ経営という無理ゲー

「Jリーグ再建計画」を読む 先日この本を読みました。 某ブログにて発見し、久々にクラブ経営関連の本を […]

no image

2011第7節vs.ジェフユナイテッド千葉(HOME)

水曜ナイトゲームから先程帰宅。来場約7000人。驚きの動員数である。試合は1-0で勝利。スタジアムは […]

2017 J1第8節(H)ヴィッセル神戸戦

4月半ばだが早くもナイトゲーム。少々肌寒く客入りが心配されたが、なんとか1万人越え。いまいち調子に乗 […]

no image

J2第33節 サガン鳥栖 vs.徳島ヴォルティス戦

1-0で4ヶ月ぶりのホームでの勝利らしい。 勝つってすばらしい。そして難しい。その事を教わった長いト […]

no image

2012J1第17節vs.浦和レッズ戦(AWEY)

7時開催かと思いきや6時からだった。あやうく見過ごすところで、あわててテレビをつけた。現地は雨。試合 […]

no image

正念場

ここ一番になってから、ギリギリの可能性にすがるのでは遅いのだ。 昇格するならば、ここ二戦のよくない流 […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

2017 J1第1節(H)柏レイソル戦

早くもJ1が開幕。忙しくてDAZNにてざっくりと視聴。ジャッジの問題はさておき、ちょっと全体のバラン […]

2015 2nd ステージ 第9節(A)ヴィッセル神戸戦

ここ数日とても涼しい。気温も30度に届かない。今日のアウェイの地、神戸も似たような感じですっかり秋め […]

2016 1st ステージ 第3節(H)ヴァンフォーレ甲府戦

今年に入って初のベアスタ観戦。気温はこの季節としては低めの10度以下。見るほうとしては快適に観戦でき […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly