*

2016 2nd ステージ 第14節(H)ベガルタ仙台戦

   

ちょっと時間がたってしまったので、覚えている範囲で感想を。

スカパーのサタテーナイトマッチとかで、今日のキックオフは6時半。いつもの感じで家を出ると到着がぎりぎりになってしまった。雨の影響か、客席はまばら。残留が決まって2ndの優勝も厳しい。サポーターもチームも、目標を失ってかピリッとしないゲームとなった。

一方で仙台は、残留の一歩手前で足踏み。今日の試合に勝てばJ1の残留が確実となる。アウェイとは言え、そういう高いモチベーションがよく現れた試合だったように思う。特に守備時によく集中していてコンパクトで組織的だった。

システムはもういうまでもなく4321。今日はキムミヌが出場停止で、左の中盤には早坂が起用される。エルカビルも万全じゃないようで、富山が先発。仙台は442のダブルボランチのオーソドックな形。

緊迫感のあった仙台のソリッドな守備ブロック

前半開始から、ブロックを引いて引き気味に守る仙台に対して、ボールを保持する鳥栖。鳥栖はボールを持てるけれども、仙台の集中したブロックを破ることができない。

そういう流れの中、前半26分、リフレクションかなにか分からないが、ボールが鳥栖のDFラインの裏に転がる。5分のボールだったと思うが、ハモンロペスが単独で抜け出しゴール。仙台の狙い通りのショートカウンターが決まった。

仙台は、センターラインのちょっと前ぐらいから守っていて、プレスに行くゾーンとタイミング、ブロックの距離感が絶妙で、プレスに行き過ぎたりしてなくて、全体が組織だってとても良かった。緊張感の感じられるソリッドな守備だった。

結局仙台の守備ブロックを打ち破れないまま、前半の時間は終わった。

後半開始すぐに富山からエルカビルに交代。固い仙台の守備を個の力で打ち破りたいところだったが、後半10分、同じようにショートカウンターからハモンロペスが抜け出してシュートを決める。これも仙台の守備の質が、鳥栖の攻撃の質を上回ったような形だ。

とにかく3点失点とも同じようなカウンターで高く上げたスペースの裏をハモンロペスに使われた形だ。ハモンロペスと対峙したのが谷口だったのだが、今日はスピードでも負けていたし、何度も簡単にターンされて置き去りにされていた。元々スピードのない谷口は、一度前に出られると難しい。

その2失点目から8分後、ミンヒョクからのアーリークロスを豊田が決める。繋いでも繋いでも崩せなかった仙台の守備を、結局シンプルな一本のクロスで打ち破った。これで2-1と追いすがる。

期待のかかるユースの星

そして、満を持して2種登録されているユースの石川啓人が鎌田に代わって登場。ここで4312から442にシステムチェンジ。石川は左サイドのMFに入る。入って早々にチャンスをシュートチャンスを迎えるも決めることが出来ず。

石川の試合後のコメントを読むと、本気で上を目指してきた立派な選手だなと思う。ユースの選手が18歳でトップチームのピッチに堂々と立ち、これだけの事が言える選手が出てきたという事が、鳥栖というクラブとともに鳥栖のユースもここまで成熟してきたんだなとしみじみ感じる。設備もなにもないところから、久光製薬の寮を借りたり自前で立てたり、ユースのトレーニング場を建設してもらったり、積み重ねてきたものがこうして花開いている。

石川がどういう選手かはまだよくわからない。サッカー選手は11人しか試合にでれないし、試合で表現しなければ生き残れない厳しい世界だ。そんな事は本人もよくわかってると思うが、成功のチャンスをうかがう多くの選手の一人として、彼の船出と幸運を祈りたい。自分の中ではまっさらで、J1のプレイヤーとしては普通の選手という印象だが、それを覆してもらいたい。

繋いで崩す、そして来期の課題

試合に戻る。試合は結局、前がかりになる鳥栖に、仙台がまたしてもハモンロペスのカウンターで1-3。そこから、これまたシンプルな吉田のクロスから高橋が押し込み2-3。仙台はハモンロペスのカウンターで3点。鳥栖は繋いで崩そうとしたが、結局得点できたのはクロス攻撃で2点。2ndの浦和戦も広島戦もそうだったが、どうも引いてくる相手には分が悪いサッカーをしている。結局は繋いで崩す形が出来ていない。

天皇杯も残っているが、もう契約の話も始まる頃だろう。来期を見据えて、選手構成も考える時期に来ている。ユースからの昇格、レギュラー選手の高年齢化、レンタル選手の処遇、外国人の編成。Jリーグの外国人枠の拡大の話も出ている。ポゼッションで崩せない事を含め来期への課題に取り組まなければならない。

キムミヌもラストイヤーだし来年はいない。寂しさと期待が混ざり合う季節がそこまで来ている。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

no image

2013J1第22節vsベガルタ仙台戦(HOME)

大雨などもあり、もろもろスケジュールがつかずスカパー観戦。結果1-0で初完封。ボランチの連携が非常に […]

2017 J1第6節(H)アルビレックス新潟戦

九州レジェンズなどイベントが組まれながらも、あいにくの雨模様で一万人割れ。お客さんは少なかったが、試 […]

日高拓麿、引退

日髙拓磨選手 現役引退のお知らせ(カターレ富山) かつてサガン鳥栖に所属した日高拓麿選手が引退を発表 […]

Jリーグラボ#24 指導者 城福浩のお話 その2

前回の記事からの続きです。城福さんと言えば前回FC東京を指揮した際に掲げていた「ムービングフットボー […]

no image

2012J1第15節vs.清水エスパルス(AWEY)

清水の試合を生で見た記憶がない。鳥栖はリーグ戦では初の対戦となるそうだ。むこうはずっとJ1、こっちは […]

2015 2nd ステージ 第6節(A)ガンバ大阪戦

吹田の天候は雨。気温は26度。どのくらい降るかによってはラフなボールが増え、少しは鳥栖に勝機が増える […]

no image

2013J1第8節vsベガルタ仙台戦(AWEY)

三連敗の後のリーグ戦だけに、まずは流れを切れたのでよしとしたい。 鳥栖の守備が機能してか、仙台があま […]

2016 2nd ステージ 第13節(A)大宮アルディージャ戦

天皇杯から中2日のアウェイゲーム。比較的移動のしやすい大宮と言えども、コンディション的には難しい。そ […]

Cygames presents Special Match サガン鳥栖vsアトレティコ・マドリード

遅ればせながら昨晩録画を視聴。最近行われた海外の有名クラブとJクラブのゲームと言えば、川崎VSドルト […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly