*

2016 2nd ステージ 第15節(A)柏レイソル戦

   

代表戦でしばらく中断期間があり久しぶりのリーグ戦。順位は下の方だが、残留を決めているのでなかなかモチベーションを上げにくい状況だ。しかしまだ天皇杯も残っている。

当日は仕事だったので、ネットでチェック。試合は日曜日にスカパーオンデマンドでチェック。どちらが良かったとかいうよりも、チャンスで決めきった鳥栖が勝利を掴んだ試合だったと思う。

鳥栖は言わずもがな4312のシステム。気になるところは、エルカビルとキムミヌの不在。カビルは前節に故障の話も出ていたのでわからなくもないが、キムミヌがいないのが少し心配。鎌田がゴール後にミヌの10番のパフォーマンスをしていたり、10のリストバンドを付けている選手がいたりで、ケガでもう出れないとなると寂しい限りだ。天皇杯含めホームでの試合はあと二試合。一時的なものであるならいいのだが。

一方で柏は右足のキャノン砲を持つクリスティアーノがベンチスタート。柏は442で両サイドのMFを中心としたサイド攻撃がメインの武器の戦い方をしてきた。面白かったのは、いつの間にかボランチの茨田が右サイドバックに入り、元々FWで右SBにコンバートしていた伊東が右MFのポジションに入っていた。柏もシーズン開始早々に監督が代わって、いろいろ試しながらチームを作ったシーズンだったのだろう。その点は今年の鳥栖もそうだった。

五分の展開ながら、決定機を決めた鳥栖が優位に立つ。

今日の柏は前4人がとにかく積極的にプレスをかけて鳥栖の攻撃を封じるとともにショートカウンターを狙ってくる。ここ最近流行っている鳥栖対策は、引いて守って繋がせておいて引っかけてカウンター。そもそもその元々そういうスタイルではないであろう柏は、相手に合わせることなくプレッシングを選択。

前半を通して鳥栖がプレッシングを交わして運ぶ事もあれば、プレスで引っかかったりパスミスしたりで決定的なチャンスを作ったりしていた。DFラインの前はアンカー一枚なので、常套手段がだが、アンカー横のスペースを上手く使ってボールを運んでくる。鳥栖も鳥栖で、プレスを搔い潜ったりこちらもプレスからショートカウンターに出たりで、お互いに五分の展開。

そんな中、先制点は見事な崩しから。右サイドでボールを持った鎌田がカットインしながら豊田に当ててワンツーでもらった所を振りぬく。鎌田はそれまでパスミスを連発していたが、一番大事なシュートチャンスを決めて待望の先制点。エリア外からだったがよく決めた。柏も同様にチャンスをつくっていたが、決めきれた方が勝利を呼び寄せたと思う。

追加点の富山のゴールはロングボールを競り勝った所を早坂、富山とつないでゴール。シュート自体は勢いがあまりなくて、柏のGK中村は逆を取られていたので、DFに当たってコースが変わったのかなと思う。調子に乗ると面倒なので鳥栖としては良かったが、試合を通して中村はあんまりよくなかった。

謎ハンドからの失点で失った流れ、林→豊田→鎌田の必殺コンボで取り戻す。

後半に入って柏は二枚替え。FW中川に代えて武富、左MFをドゥドゥに代えてクリスティアーノ。試合自体のリズムは、前半とさほど変わらず。鳥栖もベタ引きまで引かないが、前に過剰にプレスしている感じもなく、バランスがよい。試合後のマッシモのコメントを見ると、リードした時悪いときの鳥栖は引いてしまうと言っているが、心理的に安定していたのか程よくバランスがとれていた。この辺りは、チームの置かれた状況にもよるかなと思う。さらには、上手く組織を機能させる為にハードワークする早坂がインサイドハーフに入っていたのも大きかったような気がする。

しなしながら、失点はぽっかりとやってくる。著名な西村主審が、なぜか柏の選手のハンドをスルー。柏の選手も自分で分かっているぐらい明らかなハンドだったが、そのルーズボールを田中順也がロングシュート。不運にも林の手前でドロップしてバウンド、林を超えてゴールに吸い込まれる。エリア外であそこから入るとは思わないようなゴールだったので、あれを流した西村主審は内心しまったと思っただろう。もしこのゴールきっかけで柏が逆転していたら、鳥栖サイドから相当詰められていたはずだ。

サッカーにはいろんなドラマがあるとは言え、審判がらみの理不尽はからりむしゃくしゃするので、本当に勝ててよかった。

柏の流れになりながら、鳥栖は突き放す。2点目と同じくロングボール。林からのロングキックを豊田が綺麗に落として裏に抜けた鎌田がゴール。ホームのガンバ戦のような、セットプレーのような攻撃が見事に決まった。これで落ち着きを取り戻す。

鳥栖はその後バランスは保っていたものの、ロスタイムには飛び道具クリスティアーノの、当たったら吹き飛ばされそうな高速シュートが決まる。最後はアイメンタハールを鎌田に代えてDV442、ゲームを締めくくった。

鳥栖対策が上手くいかなかった柏。

柏の下平監督のコメントを聞いていると、鳥栖に対してロングボールのチームという捕らえ方をしている。スカパーの実況中に茨田の鳥栖に対するイメージを「戦術豊田」と表現したと報じたように、チームを通してロングボールのチームとの共通理解があったように思う。

それにしても、柏のセンターバックのロングボールに対する対処が、積極的にコンタクトして競りに行かず、セカンドを狙っていたのがよくなかった。鳥栖の前線は高い選手が多いが、どの選手も結構簡単に勝てていて、比較的狙い通りの所にボールを落とさせていたからだ。

勝てないにしても、もっと自由にさせないように人にハードに行くべきだったんじゃないかと思う。3点目など、豊田のヘッドでのスラしは、足でやったり上手いんじゃないかと思うほど、いい所に落としている。こんなに自由にさせてはロングボールを封じる事はできない。

ロングボールを重点的に対策しながら、結局そのロングボールでやられた柏は、事前の対応策が不味かったように思う。結果、それが試合を分けた。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

2011第11節vs.大分トリニータ(HOME)

なんかえらい久しぶりにスタジアム観戦になった気がします。大分を迎えてのホームゲーム。まずびっくりした […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第4節 (A)横浜Fマリノス戦

水曜日開催のナビスコカップ。先週末の熊本の地震の影響でホームゲームが中止になったため、ずいぶん余裕が […]

no image

2011第36節vs.ギラヴァンツ北九州(HOME)

先程現地より帰宅。シーソーゲームの末に2-3の敗戦。個人的には浮かれていたと反省している。試合を見た […]

no image

来季は

もうあと1節で全日程終了。早いもので、幸せなシーズンももうおしまい。そして年末。 今年は出席率は減り […]

no image

2013J1第1節vs鹿島アントラーズ戦(HOME)

3/2土曜日、早いものでもうJリーグ開幕。さっそくスタジアムへ足を運ぶ。試合自体は、鳥栖の進化を見て […]

no image

サガントスJ1昇格承認 追記

もう少し情報が出てきたので、前回の記事の追記です。 経営面の指導については、大東和美Jリーグチェアマ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2015 第95回天皇杯

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦vsモンテディオ山形

昨年に続いての山形との天皇杯。運よくホーム開催を引き当てる。小雨が降るなか、スタジアムに着くとバック […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦vsセレッソ大阪戦

天皇杯、次のステージはJ2セレッソ大阪。J2に沈んでいるとはいえ、油断できない相手だ。但し、J2は過 […]

2015 2nd ステージ 第7節(A)モンテディオ山形戦

久しぶりのリーグ再開。東アジア杯と第6節のガンバ戦が前倒しで行われていた為、鳥栖としては余裕を持って […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly