*

2016 2nd ステージ 第17節(A)ヴァンフォーレ甲府戦

      2016/11/05

もう来てしまった最終節。休日にて自宅でスカパー観戦。J1は全試合同時刻開催で、まだ決まっていない降格の最後の一枠がこの日の試合で決まる。甲府も14位ながら、条件によっては降格になってしまう。ただし、甲府の下の新潟、名古屋のどちらかが負ければ甲府の降格はない。

そういう背景もあり、甲府はただでさえガチ引きの守備の上に、いつもにましてリスクをとらない戦い方をしてきた。それに対して鳥栖は、今日はロングボール禁止の縛りで、ボールを繋いで崩す戦い方を選択。言い方は悪いが、繋いで崩すいい練習となった。

鳥栖は言うまでも無く4312。前節は右SBに谷口を起用したが、今節は右に吉田を持ってきて三丸を使ってきた。前回右SB谷口が上手くフィットしなかったからかもしれない。対する甲府は541。外国人FWのカウンターがメインウェポンだが、2ndから加入し活躍していたドゥドゥが故障の為ダヴィが先発。

亀になる甲府対縛りプレイ鳥栖。

最初の試合の構図は、54のブロックで引いて守る甲府に対してポゼッションしてロングボール禁止縛りで戦う鳥栖。そして、それは試合の終わりまで変わることは無かった。

1stで戦った時も同じような構図だったが、結局は甲府は鳥栖のパスを引っ掛けてカウンターして甲府が勝利。今回はそのガチガチの守備を繋ぎで崩せるかどうかというところ。

前半開始早々に試合が動く。といっても他会場。名古屋対湘南で前半6分に湘南先制。つまりは甲府はこのまま行けば残留。そしてその15分後、新潟対広島で広島先制。両チーム負けで終われば、甲府は負けても残留。残留をより確かにする為には、まずは負けない事となり、よけいにリスクを取らない戦い方となった。

鳥栖はボールを動かすものの、やはりなかなか崩せない。単純にボールを出し入れしているだけでは、パス交換をしているだけの状態。やはりダイレクトやドリブルからのワンツーなどのコンビネーションが入らないとブロックの中に入っていけない。

それでも何度かはチャンスを作る。最近よくでる形だが、ドリブルでカットインしてワンツーで抜け出す形。最近の柏戦での鎌田の先制ゴールがこの形。開幕当初、1stに比べると、少しだが形が出てきている。

ダイレクトプレーなんかのコンビネーションは、選手同士の共通理解がないと成功しない。その瞬間のノリではなかなか難しいだろう。後期のロングボール解禁からの今日のポゼッションの戦い。来期の入りもポゼッションを前面に出した戦い方をしてくる気がする。

後半15分、FWに入っていた早坂に代えて連続ゴール中の富山。だが、試合終了まで富山はほとんどボールを触ってないんじゃないだろうか。それくらいボールがFWに入らない。

後半25分、甲府はダヴィに代えてドゥドゥを投入。だが、本調子じゃないだけに、あまり怖さがない。一方で、鳥栖の崩しもそこまで怖さがない。

そうこうしている内に、得点は左の三丸のクロスから。ロングボールのみならずクロスすら封印してきた鳥栖だが、久しぶりに遠めからクロスが入ったと思ったら甲府GK河田がキャッチミスしてトンネル。それが豊田の前に転がってきてゴールに転がす。誰の得点かと言えば、河田の得点だろう。

思えば河田には散々助けてもらっている。このGKは知ってる人も多いだろうが、福岡大在籍時は鳥栖の強化指定選手で鳥栖に所属していた。それをガンバにもっていかれ、今は甲府の正GKとなっている。いつだかの試合では、(これは審判の方が悪いが)微妙な判定で決勝のPKをもらったりした事もあった。ワザとではないだろうが、鳥栖はなにかとお世話になっている。

結局はこれが決勝点となり、甲府も無理をしない戦い方を最後まで貫き(名古屋、新潟ともに負けているが、無理してカウンターを喰らったりして点差を広げられたくない)最初の構図、ガッチリブロックの甲府とロングボール禁止縛りつなぎオンリーの鳥栖のまま、試合終了となった。

ラッキーな得点で勝利ながらも。

試合自体は、甲府もギリギリの背景があったから仕方ないと思うが、あんまり面白いものでもなかった。まあ、降格がかかっているというならば、そんな悠長なこともいられない。甲府も来期でJ1で5年目。毎年選手が引き抜かれ、ベテランもちょっと類を見ないぐらい高齢化。同い年の42歳の土屋がCBでレギュラーでやってるから驚きだ。鳥栖の躍進も奇跡的だが、甲府の粘りもすごいことだ。

さて、鳥栖についてだが、今日気になったのは鎌田の繋ぎのミスの所。敵陣の深いところ、アタッキングサードでチャレンジしてミスするのは、それが彼の仕事だからいいと思う。だが、鎌田は自陣の所でも危ないパスを結構する。今期も何回か鎌田のパスが流れてカウンターを喰らった事があるが、状況をよく考えてプレーして欲しい。そこでそのパスを奪われると危ないという所でも、軽いプレーをする事がある。

来期鎌田がいるかどうか分からないが、全体的なレベルアップも必要だが、鎌田も回りに助けられているのだから、もっともっと怖いプレイヤーになって欲しい。

キムミヌが故障かと思いきや、フル出場できたのは良かった。この状態なら天皇杯もいけるだろう。

試合自体は勝ったものの、ロングボール禁止縛り繋ぎプレイが成功したとはいいがたい。残るは天皇杯だが、さてどうしてくるか。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

2017 J1第2節(A)川崎フロンターレ戦

ずいぶん時間が経ってしまったが、川崎フロンターレ戦を振り返り。今回は初めてのDAZNの実戦での視聴と […]

20151st ステージ 第13節(A)川崎フロンターレ戦

スカパーリアルタイム観戦。2-3で負けはしたが実に面白い試合だった。試合の入りは非常によくて、前半の […]

2015 第95回天皇杯

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会5回戦vsガンバ大阪戦

先ほどBS録画を視聴。森下サガンがやろうとした事はだいたい形に出来た試合だったと思う。結果は3-1で […]

no image

正念場

ここ一番になってから、ギリギリの可能性にすがるのでは遅いのだ。 昇格するならば、ここ二戦のよくない流 […]

2016 1st ステージ 第5節(H)柏レイソル戦

4月2日、桜は満開。ここ数年、桜が咲くのが早くなっているのを感じるが、今年はちょうどいい時期だ。気温 […]

no image

勝てません

先週末はちょっと多忙でせっかくのスカパー無料デーの岡山戦の録画も見れてません。 すでに負けたことはし […]

no image

天皇杯4回戦 VSモンテディオ山形

水曜ナイター現地観戦。90分終了時に退出。最終的に延長で敗北。 山形の前からのチェックがよくて、なか […]

2017 J1第11節(A)清水エスパルス戦

連戦の最後を締めくくるアウェイ清水戦。鳥栖は前節のリーグ戦で豊田、谷口が負傷し、代役としてイバルボ、 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

no image

2011第22節vs.京都サンガ(HOME)

現地観戦。結果2-1。久しぶりに勝った。よかった。けっしてスマートなサッカーじゃなかったけれど。ユン […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly