*

Jリーグ村井 満チェアマンの講演会に行ってきた

      2016/11/16

毎年ブリヂストンとサガンドリームスの共催で、サッカー関連の著名人の後援が行われている。今年は村井満チェアマンの講演。いつもは多忙な上抽選で外れたりするので、一度行ったきりとなっていたが、今年は追加募集が行われていたので、行って見る事にした。

それにしても例年抽選になる講演会なのに、追加募集まで行われるとは、認知度があまり高くないのだろう。9月頃に来年からの放映権が英Perform Groupが運営するダゾーンが2100億で買うという事で、長年Jリーグのパートナーだったスカパーを切るとはやるなと思っていた所だったので、ちょうどよい機会だった。巨額放映権でバブったプレミアなどを見ても、ローカルな市場でしか売れないJリーグは、収益の面でジリ貧であった。そのあたりは、氏の著作「Jリーグ再建計画」に詳しい。

上記の本について過去に書いた記事です。

クラブ経営サッカークラブ経営という無理ゲー
「Jリーグ再建計画」を読む 先日この本を読みました。 某ブログにて発見し、久々にクラブ経営関連の本を手に取りました。...

Jリーグの課題とチェアマンの打つ手。

演題が「地域にプロスポーツがあること~豊かなスポーツ文化の発展を目指して~」で、主にJリーグの現状、展望についてがメインだった。チェアマン就任3年目を迎えられる。2010年代のJリーグは観客動員数や収益面で微減で、危機的な状況にあった。これも前で紹介した書籍に書いてある。

日本代表チームばかりが欧州で活躍する選手のおかげでブランド力がどんどん上がり、一方でJからはスター選手の流出などで衰退していく。そんな現状に対してチェアマンとしてとった手は次の二つ。1)ブランド価値を上げる為のプロモーション 2)育成に力を入れる。

プロモーションに関しては、専任のシステム担当を雇用しているクラブがひとつもない事を鑑み、Jクラブが共通で使えるシステムを開発したり、youtubeを使うなどの取組を紹介。

育成に関しては、欧州各国の例を上げ、技術面だけでなく、人間力を育てる重要性を説く。もちろん技術面でも、オランダのサッカー分析の専門会社に、ドイツのクラブも受けているというユース組織の評価するテストを導入して、現状を確認しようと取り組んでいる。

その他にも、専用スタジアムなどのインフラや、フロント人材の育成学校の話など、Jリーグを取り巻く諸々のトピックスが上がった。中でも興味深かったのが、ダゾーンとの契約と、アジア市場のお話。

Perform Groupとの巨額契約

ダゾーンとは、英Perform Groupが運営する動画コンテンツのプラットフォームのブランド名。電波を通したテレビ放映でなく、ネット中継を行う。長年テレビで視聴してきたサッカーファンからすると、多少違和感がある。

肝心の契約内容は、10年間で2100億円。これを年換算して210億円。これをJ1からJ3までのクラブで分け合うこととなる。

巨額契約と言っても、欧州と比べるとやはり見劣りがする。当日配布されたパンフレットによれば、プレミアの放映権3210億円(営業収益中53%)ブンデス1004億円(同30%)Jリーグ50億円(同5%)。年間210億円に大幅アップと言えど、欧州の強豪リーグとはかなりの差がある。

それでも今までと比べると、スカパーの放映権料年間50億と比較すると、4倍近く放映権収入がアップする。

単純に考えて、その増加分だけ各クラブへの分配も増える事となり、収入不足からギリギリの運営をしていたクラブも、多少楽な運営が出来るようになるだろう。サッカークラブ運営に関しては、大きな追い風だ。

もちろん全クラブ収入増となるだろうが、順位、カテゴリーで傾斜がつくのは当然の事。各リーグで配分の仕方は特徴があるようだが、上位のクラブほど多くなるのはどこでも変わらない。

最後に、サガンドリームスの竹原社長が、「来年は上位組、下位組に分かれていくはじまりになる」みたいな事を仰っていたが、ここしばらく下克上的に予算の少ないクラブが勝ち上がっていくような展開がJリーグには多く、上位と下位の差をそう感じないリーグとなっているが、こうした予算増や傾斜配分により、これから上位クラブと下位クラブが明確に分かれていくという読みがあるのだろう。

アジア市場を中心とした海外展開

国内のマーケットだけならば、これから人口減の日本において市場は限られている。外資の資本参加も開放され、マリノスにシティグループが資本参加している。欧州リーグがこれだけ巨額の放映権収入があるのは、全世界が顧客でありえるからで、Jリーグも遅きに失したとはいえ、海外マーケットの深耕が重要になる。

サガン鳥栖もアトレイティコマドリードと親善試合をしたが、強豪クラブも虎視眈々とアジア市場を狙っていてシーズン前にはアジアツアーなどをよく行っている。

特に成長著しいアジア圏へのプレゼンスを高めることは非常に重要。日本がまだブランド価値を持っている今ならまだ食い込める余地がある。講演会中のスライドでは中東や東南アジアなどのリーグとの提携について触れられていた。

ひとつ気になっていたは、中国リーグとの提携がなかった点。提携がなくてもマーケットを開拓できればなにも問題がないのだが、世界一の巨大市場だけに中国市場へのアプローチは必要だと思う。

講演会での一例として、水戸ホーリーホックの事例が引かれていた。水戸は今年、ベトナムのメッシと言われている選手を獲得した。それが関連して、ユニフォームスポンサーとしてベトナム企業が決まり、茨城空港にはベトナム空港が就航したという。中田がペルージャに行って日本でペルージャが有名になったが、それと似たような状況がベトナムで起きたという。

近年はベトナムのみならず、マレーシアなどからJリーグ入りする選手がいる。まだ目立った活躍は見せていない。

こうした市場を広げていく動きの先には、外国人枠の拡大も当然視野に入っていくだろう。日本人の為だけJリーグではなく、所属するプレーヤーも国際化していくのは避けられない。

また、講演会の後の竹原社長の話でもあったが、韓国人選手がいるにも関わらず韓国語のHPもない。片手間の仕事ではなく、狙いをもった市場の開拓が必要なるであろう。フロントスタッフの拡充は選手人件費拡大の後、そのような話もあったが、ダゾーンマネーもそうした投資に向けるクラブがあっても面白い。

その他雑感。

その他面白かったのは、2ステージ制の解消について。来季はまた1ステージに戻ることが決まっているが、話し方がお上手なので直接的な表現はしなかったが、前任の大東氏が決定した流れで2ステージを推進してきた事を小出しにされていた。ご自身がレッズサポだったのに、(もちろん公平性を意識されて講演会でそういう表明はしていない)2ステージに対する不満からレッズサポから大ブーイングを食らったりしているので、2ステージには相当痛い目を見てきてのだろうと思った。

それにしても、言葉の選び方、ジョークを交えつつも、きっちりと話していいところときちんと締めるところ、ご自身がレッズサポであった事を伏せたり、余計なリップサービスをしたりしないところ、そういう使い分けをしっかりされていて、さずがサラリーマンから上り詰めて社長になられた方だなと感じた。Jリーグの方向性は悪くないな、そう思わせてくれる講演会だった。多忙なこととは思いますが、長く頑張って頂きたい。

 -クラブ経営, サガントス, 備忘録

ad

  関連記事

no image

2013J1第8節vsベガルタ仙台戦(AWEY)

三連敗の後のリーグ戦だけに、まずは流れを切れたのでよしとしたい。 鳥栖の守備が機能してか、仙台があま […]

2016 2nd ステージ 第4節(H)名古屋グランパスエイト戦

温度湿度ともに高いきつい時期の連戦も一区切り。相手は、降格圏に沈んでいる名古屋。今節は他の試合もドロ […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第5節 (H)川崎フロンターレ戦

水曜日のナビスコカップを現地観戦。次の試合が中2日のため、さすがにマッシモ監督も今回はサブ組をスタメ […]

no image

2011第17節vs.FC岐阜(HOME)

先ほど帰宅。2-0での勝利。一点目のパス交換からの崩しは見事だった。練習の賜物。2点目は野田。野田は […]

no image

2012J1第16節vs.コンサドーレ札幌戦(HOME)

開始ギリギリにスタジアムに到着。結果1-0でまたしても劇的な勝利を得た。 雨が振ったりやんだり、湿度 […]

no image

2012J1第33節vs浦和レッズ戦(HOME)

随分日数が経ってしまったが、11月24日に行われた浦和戦について備忘録。当日は仕事で、結果はネットで […]

no image

2013J1第6節vsサンフレッチェ広島戦(AWEY)

久々に自宅で生スカパー観戦。ミスが多いほうが負けるし、ちょっとした精度の差が勝敗を分ける。そんな試合 […]

no image

2012J1第17節vs.浦和レッズ戦(AWEY)

7時開催かと思いきや6時からだった。あやうく見過ごすところで、あわててテレビをつけた。現地は雨。試合 […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦vsサンフレッチェ広島戦

先週の土曜日に天皇杯を見てきた。対戦相手は苦手意識のある広島。結果は1stのアウェイ広島戦のような散 […]

no image

天皇杯2回戦vs.熊本学園大学付属高校戦

結果 【得点者】 16分 (鳥栖)FW22・池田圭 26分 (鳥栖)MF8・衛藤裕 28分 (鳥栖) […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly