*

Cygames presents 国際親善試合「サガン鳥栖vs水原三星ブルーウィングス」

   

ここ数日気温のアップダウンが激しい。暖かいと思っていてもスタジアムで座って観戦していると結構寒い。経験上しっているが、少し油断してバックスタンドで鼻水をたらしながら観戦。もともとプレシーズンマッチとして公式試合になる予定だったのが、裏の時間にゼロックス杯をやるという事で、ファン感謝デーの一部という立て付けで開催。新戦力をチェックがてら試合を見に行った。お客さんも4500人ぐらい入って、思ったより客入りは良かった。それだけ鳥栖の試合に飢えているファンが増えたという事だろう。

継続性と進化が見られる今年の鳥栖

まずはキムミヌの所に誰が入るかというのに興味があったが、ベテランの小川が起用された。GKには権田。アルゼンチンから加入したフランコもスタメン起用。谷口はサブに回る。システムは去年と変わらず4312。その他のポジションは去年のスタメンの選手が入る。アクシデントがなければ、おそらくこのメンバーが開幕戦のメンバーだろう。

相手の水原はバックの下のスタンドだったのではっきりシステムがわからなかったが、どうも343のシステム。キムミヌは左のウイングバックで、まさに適任のポジションで大活躍していた。水原のやり方はラインが高くハイプレッシャーで、前からガンガンプレスをかけてくるやり方。ある意味鳥栖のやり方に近い。攻撃は浦和や広島のように鳥栖が苦手としている横幅を使ってくる攻撃で、ウイングバックをライン際に張らせて余らせる。

これに対応する鳥栖の対応は、去年見せたように、中盤のインサイドハーフが一人ディフェンスラインまで下がってサイドを埋める対応。去年はチェソングンとかがやっていた役割だが、この日は左ワイドで攻撃の起点になっていたキムミヌを小川がよく見ていた。この辺りはよく理解しているようで、ポジショニングがとても適切だったと思う。また、それに合わせて鎌田が一列下がってくるのだが、その辺りの連動もよかった。一枚下がって532になるやり方もそうだが、リードして442になるやり方も去年と同じ。

この日鎌田がより良くなったなあと思ったのが、守備にさぼらず下がる動きもそうだが、裏に飛び出す動きだけでなくボランチの位置に下がって組み立てに参加したり、二年前の地蔵のようなプレースタイルから動きの幅が広くなった。去年も動いていたが、前の狭いスペースに動くことが多くてなかなかボールを引き出せていなかった。特に遅攻の時に中盤の三枚がなかなかパスを入れられずに苦労していたが、鎌田が下がって組み立てに関わることで、新しい攻撃のパターンが見れるかもしれない。

後は縦パスからダイレクトではたいてコンビネーションで打開しようとするような動きも見られ、縦パスからブロックを破るような連動した動きが見られた。縦パスもキムミンヒョクがドリブルで一枚剥がして縦パスを付けるという去年からのパターンもあった。他何度かチャレンジする縦パスも見られた。

まあやっていることは去年と同じだが、少しずつ良くなっているように見えた。キャンプも順調にこなし仕上がりも上々といった所だろう。

なかなか期待できる新戦力

新加入の選手は、石川と太田を除いて全員出場。小川はキムミヌと同じようなゴリゴリのドリブルはないだろうが、なかなか柔軟性のあるプレイヤーだなと思う。もしかしたら鳥栖の中盤3枚には向いているかもしれない。

権田はなにか堂々としていてオーラを感じる。どのプレーも安定感があり、キックも性格。さすがというものを感じる。原川は小川に代わって入ったが、途中から442のボランチへ。時間が短くてとくに感想なし。442の右に入った水野、左に入った田川も同様時間が短かった。田川はスピードがあるというのは分かった。

左CBにスタメンで入ったフランコ。たぶん左効きだと思う。スピードと高さは申し分ない。瞬発力はあんまりない。日本人が強い瞬発力やキレで勝負するタイプは苦手かもしれない。

ギリギリで加入となったチョドンゴン。上背もまあまああって、ターンなどキレのある動きを見せていた。意外と期待できる気がする。

とまあ、いろいろ言われたストーブリーグだったが、期待できるメンバーが揃ったと思う。

試合自体が2-1で勝利。エース豊田のゴールと高いラインの裏を突いた鎌田の飛び出し。スカパーで無料で見られるようなので、興味がある方は。2月24日、25日のみの放送です。

サガン鳥栖ファン感謝イベントCygames presents 国際親善試合「サガン鳥栖vs水原三星ブルーウィングス」

 -サガントス

ad

  関連記事

2016 1st ステージ 第9節(A)ベガルタ仙台戦

連休を控えた週末でなにかと忙しく日曜午後にスカパー!オンデマンドにて視聴。試合結果はネットで確認して […]

no image

ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第4節vs. ジュビロ磐田戦(HOME)

週末もゲームがありスケジュールきつきつ。そんな中で行われた水曜のナイトゲームナビスコカップ。3-2と […]

no image

2013J1第12節vs浦和レッズ戦(AWEY)

勝ち点すら遠いなあ。そんな感じで6-2で完敗。繰り返される同じような失点パターン。クロスの精度を褒め […]

no image

2012J1第33節vs浦和レッズ戦(HOME)

随分日数が経ってしまったが、11月24日に行われた浦和戦について備忘録。当日は仕事で、結果はネットで […]

no image

2011サガントスへ

あけましておめでとうございます。皆様ともども、本年もいい年でありますように。 さて、J2リーグも終了 […]

2017 J1第10節(H)横浜Fマリノス戦

ゴールデンウィーク最終日。その17時キックオフなので、イベントデーと言えどそんなに入らないと思ってた […]

no image

2014J1第24節vsベガルタ仙台戦(HOME)

土曜日ナイトゲーム参戦。気温はまだ9月というのに肌寒い。選手にとっては動きやすい気候。今日はJ2とも […]

Cygames presents Special Match サガン鳥栖vsアトレティコ・マドリード

遅ればせながら昨晩録画を視聴。最近行われた海外の有名クラブとJクラブのゲームと言えば、川崎VSドルト […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアムから自動車で線路の反対側に行く方法

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアムから、線路を挟んで反 […]

2016 1st ステージ 第3節(H)ヴァンフォーレ甲府戦

今年に入って初のベアスタ観戦。気温はこの季節としては低めの10度以下。見るほうとしては快適に観戦でき […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly