*

2017 J1第2節(A)川崎フロンターレ戦

   

ずいぶん時間が経ってしまったが、川崎フロンターレ戦を振り返り。今回は初めてのDAZNの実戦での視聴となった。

川崎はACL参戦の為、変則的に日曜日17:00の試合。コンディション的には鳥栖の方がやや分がある気がするが、逆に試合を重ねている川崎の方がチームの仕上がりが早いように思えた。

先発は、鳥栖は福田がインフルエンザから復帰してスタメンに。原川が外れた。中盤の構成は福田、高橋、小野。サブではチョドンゴンが外れ、ユース上がりの田川が帯同。システムは4312。

川崎は去年までの風間体制の3バックのイメージが強いが、鬼木監督になった今年は4231のシステム。去年よりも流動性は少なくなり組織重視となったが、やっている繋ぐスタイルは昨年と変わらなかった。攻撃のポイントはトップの小林の裏抜け、今年加入の阿部を使った右サイドの突破、左SBの登里のオーバーラップ、この辺りが目立っていた。

吉田の痛恨ミスとビューティフルボレー。

試合前の選評は、ボールを保持し試合を主導する川崎、それを耐えてカウンターの鳥栖という構図。試合も大体この通りに推移した。前半は川崎が鳥栖のプレスをパスワークで交わしてアタッキングサードまで侵入するケースが目立ったものの、鳥栖もよく戻って決定的な場面は作らせない。

失点は早々にミスから起こった。吉田のトラップミスを小林が出足鋭くかっさらい、ドリブルで持ち込んでシュート。耐える展開だっただけに先制点を許したのは痛い。

鳥栖は早々にトラブル発生。小野がハムストリングを痛めたようで、原川と交代。これが以外と良かった。小野よりは守備強度と展開力のある原川が入った事で、守備的にはよくなった。

鳥栖は前半に追いつく。左SBの登里が上がったスペースを鎌田がうまく使ってサイドを突破しクロス。クロスはGKチョンソンリョンに跳ね返されたものの、跳ね返りを高橋がビューティフルボレー。

攻めるポゼッションの川崎、凌いでカウンターの鳥栖。この構図の中で、ミスとゴラッソで得点が動いた前半だった。

プレスで凌いぎきった後半。

川崎は鳥栖の疲れを予想して、後半からハイネル投入。確かにハイネルはボールキープ力に優れた試合が作れる選手だったが、鳥栖の無尽蔵プレスも負けてはいなかった。

川崎に押し込まれる時間も長かったものの、ボールを敵陣に押し込めば、ハイプレスで連続攻撃の時間帯も作る。

鳥栖は、63分に田川投入。事前に聞いていた通り、スピードのあるプレイヤーだった。周囲との連携はもうひとつだったが、鳥栖も押し込まれていて裏に広いスペースがあり、田川のスピードは利いていた。上手く田川を使える選手がいれば、より生きてくる選手だと思う。上背もあり期待できる。

後は相変わらず藤田のクロスが合わない。去年と同じようなファーのポスト脇にオーバーして切れていく山なりのボール。FKで前線にボールを入れたシーンもあったが、距離が届かず狙ったところにおそらく飛んでいない。去年から言われているだけに練習はしているだろうが、やはりロングキックが苦手なんだろうか。

後半も試合のペースは変わらず。ハイネルがなかなか強くてボールが取れず基点となってチャンスメーク。試合終了間際もあわやゴールインというシーンがあったが、ゴールマウスをカバーした高橋が押し出して試合終了。

勝ち点1ゲット。まずはここから。

まだ2節しか経過していないが、結果が出ないと段々精神的にも追い込まれていって悪循環を生みやすい。強豪川崎に対してアウェイで勝ち点1を持ち帰ってのだから、まずまずの結果だったのではないだろうか。

勝ち点はまずはとったものの、まだ未勝利。次はホームで苦手の広島だが、そんな事も言っていられない。是非とも勝利を掴んで欲しい。

ちなみにDAZNは7クルクルぐらいでした。割と安定して見れました。※有線+FIRETVBox+光、リアルタイム観戦です。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

2016 2nd ステージ 第7節(A)ガンバ大阪戦

噂のガンバの新スタジアムを見たい一心で、吹田スタジアムに遠征。旅行を兼ねて3日滞在したが、九州と同じ […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアム 電車でのアクセス 

※この記事の情報は。2015年9月時点での情報です。 ベストアメニティスタジアム(通称ベアスタ)への […]

2016 1st ステージ 第16節(H)ガンバ大阪戦

梅雨に入って湿度が高い。夜になって気温はやや落ち着いたものの、気温60度、湿度70度。今日の相手ガン […]

no image

2013J1第17節vsセレッソ大阪戦(AWEY)

リアルタイムスカパー観戦。まあなんだ、あの出来では妥当な結果だと思う。プレー上のミスが多すぎの低調の […]

no image

2011第37節vs.徳島ヴォルティス(AWEY)

先程テレビでNHK佐賀の録画をざっと見。もう内容などどうでもよい。 試合開始時間には外出中。試合終わ […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第7節 (H)柏レイソル戦

日曜昼間のナビスコカップ。もうすでに敗退が決まっている為、完全に消化試合。観客は少ない。気温も20度 […]

no image

2011第11節vs.大分トリニータ(HOME)

なんかえらい久しぶりにスタジアム観戦になった気がします。大分を迎えてのホームゲーム。まずびっくりした […]

no image

2013ヤマザキナビスコカップ 第7節 vs大分トリニータ戦(HOME)

仕事をすり抜けてスタジアムで観戦。うーん、なんだろうかこれ。途中まではよいのだが。 気合の入りすぎが […]

2015 2nd ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

シルバーウィークということで、前に書いた「ぶらり中国ドライブパス」を利用して広島まで。途中多数の鳥栖 […]

2015 2nd ステージ 第9節(A)ヴィッセル神戸戦

ここ数日とても涼しい。気温も30度に届かない。今日のアウェイの地、神戸も似たような感じですっかり秋め […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly