*

2017 J1第6節(H)アルビレックス新潟戦

   

九州レジェンズなどイベントが組まれながらも、あいにくの雨模様で一万人割れ。お客さんは少なかったが、試合は3-0で勝利。完勝といいたいところだが、新潟も結構よくてチャンスを決められていたらわからなかった。

助っ人対決。スピードの新潟対フィジカルの鳥栖。

鳥栖は前節と同じスタメン。システムは4312。対する新潟は442。注目は両チームの助っ人。鳥栖はだんだんその全貌を見せつつあるイバルボ。対する新潟はとにかくスピードのあるホニと、同じくスピードもありながらゲームメイクに長けたチアゴ ガリャルド。

鳥栖は基本的にラインが高くスペースがあるので、裏にボールを入れられるとスピードの勝負となる。スピードのあるキムミンヒョクに期待がかかる。

4312のウィークポイントをつく新潟。

新潟は前からガンガンプレスしてくるイメージだが、この日の新潟はリトリートしてブロックを引いてカウンターの狙い。高い裏のスペースを狙われる。ボールを持てばスピードにのったテンポのいいサイドアタックを見せてくる。

2トップのスピードを生かして裏へボールを入れたかと思えば思えば、4312のシステムで中央よりの布陣の鳥栖の弱点であるサイドをついてくる。ディフェンスが追いつかないスピードでテンポよくSBがオーバーラップしてきてサイドを付かれる。

新潟は再三チャンスを作るが、切り返しで足を滑らせたり、GK権田のセーブに阻まれる。

一方で鳥栖のイバルボ。目を見張るのがまずそのキープ力。前節もそうだったが、長い手足を使って懐深くキープして2人がかりで来ようがボールをとられない。その上思っていたよりテクニックがあり、味方を上手く生かす事もできていた。DFを2、3人引っ張りながらループで後ろにだしたパスやエラシコなど、スタジアムを沸かせるテクニックを披露した。

この日も鎌田とのパス交換からゴールエリアに侵入し、PKをゲット。先制に成功する。

4312だとやっぱりサイドアタックは弱いなあと見ていると、いつのまにか鎌田がやらたサイドに出ている。あまりにサイドをやられているからか、鎌田のコメントを読むと前半途中で442に移行している。これで誰を見るかがはっきりするので守りやすくなり安定する。

理想的な試合展開からルーキーの初ゴール。

先制点をとりながら試合を上手く締めることができない今期。この試合に関しては新潟の追撃を上手く振り切る事ができた。新潟は前半と変わらず裏へのボールとサイドアタックを見せるものの、鳥栖はシステム変更が効いたからか前半より守備が安定。

ここで追加点が取れないとまた相手が盛り返すことにもなる。追加点で突き放したい所だが、次の得点は鳥栖がゲット。

新潟GK大谷がクロスボールを飛び出してパンチング。処理が中途半端になり小野のボールが渡り小野がループ気味にシュート、大谷はゴールを触るもボールはゴールに吸い込まれる。

小野はエンブレムを握り締めゴール裏へ。鳥栖へ来ての初ゴール。日本に帰ってきての初ゴール。喜びが爆発していた。

新潟は前線のブラジルコンビも次第に元気がなくなって来る。81分にはイバルボに代えて田川投入。前ががかりになる新潟に対してスピードのある田川が生きる絶好のシチュエーションだ。その狙い通りの展開が訪れる。

中盤で鎌田が新潟のパスをインターセプトしてカウンター。それを前線の田川へ送る。相手CBと競り合いながら半身でた田川がゴール右隅に流し込む。

試合当初は新潟が主導権を握りながらも、フィジカルを生かしたイバルボのキープが起点になって先制。さらに追加点を重ねて突き放すという理想的な展開の試合だった。

田川のゴールに目を細めるサポーター。

田川は鳥栖の下部組織出身で初めて得点した選手という事らしい。多くのサポーターはわが子を見るかのように暖かい拍手を田川に送っていた。石川の初出場の時も思ったが、こうしてJ1の舞台で、堂々と戦力としてユース出身者が活躍している。地道に蒔いた種が花開いたかのような、そんな喜びを感じる。

その一方で、外れていく選手もいる。プロの世界はやはり厳しい。イバルボが来て、チョドンゴンが力を見せてきた事で、富山や池田がベンチ外となる。誰かが出てくれば誰かが外れる。みんな活躍すればいいのだろうが、椅子の数は決まっていてチームの中でも競争がある。

頑張れば、努力をすれば、成功が待っている訳ではない。ツキもある。ただ、悔いなきように日々精進して次のチャンスもものにして欲しい。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

鎌田大地選手 U-22日本代表候補トレーニングキャンプ メンバー選出!

まずは第一歩ですね。鎌田選手おめでとうございます。 鎌田大地選手 U-22日本代表候補トレーニングキ […]

no image

ユン監督解任

衝撃的なニュースがひとつ。ユン監督解任。実際何があったかは、誰にもわからない。その前提で個人的な感想 […]

2016 2nd ステージ 第17節(A)ヴァンフォーレ甲府戦

もう来てしまった最終節。休日にて自宅でスカパー観戦。J1は全試合同時刻開催で、まだ決まっていない降格 […]

no image

2012J1第11節vs.大宮アルディージャ(HOME)

当日は日陰は肌寒く日が当たると暑いというような天気。快晴でコンディションは良好。試合は1-1のドロー […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦vsFC琉球戦

2016年の天皇杯が始まった。バックスタンドで観戦していると、今年の決勝は吹田スタジアムとの事。なん […]

no image

2011第5節vs.ファジアーノ岡山(HOME) 

現地観戦。6-0の完勝。わっはっは。平日に駆けつけてよかった。 前半、岡山も悪くは無かった。運よくセ […]

Jリーグラボ#24 指導者 城福浩のお話 その2

前回の記事からの続きです。城福さんと言えば前回FC東京を指揮した際に掲げていた「ムービングフットボー […]

no image

2012J1第16節vs.コンサドーレ札幌戦(HOME)

開始ギリギリにスタジアムに到着。結果1-0でまたしても劇的な勝利を得た。 雨が振ったりやんだり、湿度 […]

no image

オフィシャルのトップチーム紹介にて

先日、オフィシャルの選手紹介の2011版がアップされました。 http://www.sagantos […]

no image

2013ヤマザキナビスコカップ 第6節 vsセレッソ大阪戦(AWEY)

スカパーでリアルタイム観戦。なんというか、ツキが回ってこない時はとことんだなと思った。 今日はメンバ […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly