*

2017JリーグYBCルヴァンカップ GS第3節(H)セレッソ大阪戦

      2017/05/02

水曜ナイトゲームのルヴァン杯。相手は好調のセレッソ大阪。ユンジョンファンがついにベアスタに帰ってきた。試合終了後、水沼とともにスタンドに挨拶して回ったようだが、早めに帰ったので見れなかった。残念。

さて、ゲームは点がたくさん入って、エンターテインメントに富んだ試合だった。鳥栖の得点はつないで崩したファインゴールばかりで、反対に失点は、全部ミス絡みの失点。あまりにしょうもない失点が多かったので、高校や大学の試合を見ているような気分になった。

陣容はお互いに1.5軍といって顔ぶれ。鳥栖はシステム4312で、土曜日に試合して中3日であれだけ走った鎌田が元気にフル出場。FWチョドンゴン・富山/トップ下鎌田/MF原川・高橋・小野/DF三丸・フランコ・青木・小林/GK赤星。赤星も久しぶりの出場。

一方でセレッソは451。この日はでかくてガタイのいいFWリカルドが先発。トップにロングボールを当てていくスタイルは、ユン時代の鳥栖を知っている人だったらおなじみだろう。そのほかセレッソの先発は清武や水沼が先発。

鳥栖の華麗な攻撃 VS 鳥栖の凡ミス

なんというか、今日の鳥栖の攻撃はいつになく華麗だった。後半途中までは小野がキレキレ、鎌田もしっかり勝っていれば鳥栖の王様誕生といった貫禄ぶりだった。三丸のクロスもどんぴしゃ、いつも決まらないようなシュートもズバッと決まる。

一方で鳥栖のミスはしょうもないものが多かった。一点目とか目も当てられず。試合開始わずかでスタジアムが意気消沈。

セレッソが決して良かった感じでもない。水沼のミドルは相変わらず切れていて、鳥栖にいたときに見せていた鋭いシュートを決めていた。プレスに行くところと引くところをよく使い分けていたが、守備面で玉際がそれほど強くないのか、鳥栖にパス交換で突破されチャンスを作られていた。

得点を振り返ってみる。

・C大阪一点目(前半6分)0-1
プレスをかけられた高橋がDFラインにバックパス。赤星とフランコと青木がお見合いして反応遅れた所をリカルドサントスに掻っ攫われて決められる。本当にガッカリプレー。

・鳥栖一点目(前半24分)1-1
中盤での競り合いからのこぼれ玉を拾った小野が右サイドからクロス。これが超絶上手かった。2人のDFがついていたが、その間を絶妙なタイミングでクロスを通す。中でごちゃついたが鎌田が押し込む。

・鳥栖二点目(前半37分)2-1

ボールを保持して鳥栖が攻め込む。セレッソのブロックをパス交換で左右に振って左の三丸から絶妙クロス。これに富山が飛びこんでヘッドファインゴール。素晴らしい攻撃。

・鳥栖三点目(前半41分)3-1
これまた二点目と同様の展開。ブロックを掻い潜って三丸がクロス。クリアされた所を高橋がズドン。ふかさず枠にいった高橋、お見事。

・C大阪二点目(前半44分)3-2
これは水沼のシュートが良かったのだが、取られかたが悪かった。中盤のルーズボールを引っ掛けた所、運悪く相手の所に転がってショートカウンターの形に。左にいた清武に渡って中にクロスを送られた。時間が時間だけにもったいなかった。

・C大阪三点目(後半16分)3-3
コーナーキック。赤星パンチングのこぼれを水沼が二点目と同じようなグラウンダーの鋭いシュート。これはミスというより水沼のシュートが良かった。

・鳥栖四点目(後半23分)4-3
いやー、これまたファインゴール。ゴールエリア外の左側、鎌田が得意としてる「鎌田ゾーン」。カットインからゴール左隅に鋭いシュートを放つ。GK本当に一歩も動けず。いいゴールだった。

・C大阪四点目(後半)4-4

あーこれももったいない失点。誰だったか見えなかったが、ヘッドでのクリアが中途半端になり、上がってきていたSB田中にヘッドで押し込まれる。後で確認したらフランコ。オウンしそうで難しいんだけどちゃんとクリアせいよと。残念な失点。フランコは、1失点の所もだが初動が遅いのがJリーグにはちょっと向いてない。

こうして見返して見ても鳥栖のゴールはどれも100点やっていいゴール。この試合は小野が相当に気合が入ってて、味方にも相当キレていた。勝利に飢えている感じがすごいでていた。素晴らしいプレーも多かったのだが、カウンターで抜け出した所はしっかり決めて欲しかった。その他にも得点チャンスはいっぱいあって、スペースがあればこれだけ出来るという手応えを感じた。それに比べて失点はちょっといただけない。

後は試合のコントロールが上手くないなと思う。交代は原川→福田、チョドンゴン→田川、青木→ミンヒョクだったのだが、スピードでカウンターで生きる田川、運動量でチェックさせる福田は分かるとして、センターラインをわざわざ替えるのはどうかと思う。どっちかと言えば、後半30分すぎからは小野も鎌田もバテバテでプレーの精度も落ちてきたし守備も厳しくなってきていた。そこを代えてあげてプレスをかけさせ守備を絞めた方が勝利に近かったのではないだろうか。

まあ残っていたサブがイバルボ、水野、藤田、ミンヒョクなので、選びようがなかったのかもしれないが。いまだにマッシモの選手起用の仕方はわからん所がある。

 -サガントス, ルヴァンカップ

ad

  関連記事

no image

J2第37節 サガン鳥栖 vs.大分トリニータ戦

昨日はベストアメニティスタジアム、最終戦にいってまいりました。 まずは、大分のコレオグラフィでお出迎 […]

no image

契約更新や新加入など

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 さて、2013年も幕開け、チームの面 […]

no image

2012J1第17節vs.浦和レッズ戦(AWEY)

7時開催かと思いきや6時からだった。あやうく見過ごすところで、あわててテレビをつけた。現地は雨。試合 […]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦vsFC琉球戦

2016年の天皇杯が始まった。バックスタンドで観戦していると、今年の決勝は吹田スタジアムとの事。なん […]

no image

2012J1第32節vsコンサドーレ札幌戦(AWEY)

本日のアウェイ札幌戦、外出していてので先ほどビデオ観戦した。試合自体はシーソーゲームだったが、全体を […]

no image

天皇杯4回戦 VSモンテディオ山形

水曜ナイター現地観戦。90分終了時に退出。最終的に延長で敗北。 山形の前からのチェックがよくて、なか […]

2015 2nd ステージ 第13節(A)浦和レッズ戦

秋に入ってからはデーゲームが続く。大観衆の浦和のホームでの試合。前節勝ちきれず嫌な流れの中で、どこま […]

2016 2nd ステージ 第2節(A)ヴィッセル神戸戦

先週の劇的な勝利を得て、今日はアウェイ神戸戦。神戸は中位にいるものの、タレントの揃った好チーム。また […]

2015 2nd ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

シルバーウィークということで、前に書いた「ぶらり中国ドライブパス」を利用して広島まで。途中多数の鳥栖 […]

2016 1st ステージ 第16節(H)ガンバ大阪戦

梅雨に入って湿度が高い。夜になって気温はやや落ち着いたものの、気温60度、湿度70度。今日の相手ガン […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly