*

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

   

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような環境じゃない。それでも試合はやってくる。

中断期間が終わって始めてのリーグ戦。広島も監督が交代しての初戦。広島のスタイルと言えば長らく3バックで遅攻、ショートパスをつないで中と外を上手く使うスタイルだった。果たして新監督はどういうスタイルのサッカーをするのか。鳥栖は鎌田が抜けて前線をどう作っていくのか、いろいろ見所のある試合だ。

鳥栖はシステムは433。スタメンは田川、豊田、イバルボの3トップ。タイプの違う三枚が並ぶ。中盤はいつもどおりの原川高橋福田。バックラインは吉田青木ミンヒョク藤田。藤田がスタメンに復帰。GKは権田。

対する広島は4バック。451のフォーメーション。トップにパトリック、トップ下に柴崎。左サイドに柏、右サイドにアンデルソンロペス。逆足の配置から見ると中に入ってくる。ボランチは野上、青山。DFラインは左から高橋、水本、千葉、丹羽。GKは中林。

立ち上がりこそよかったものの

試合の入りは鳥栖が制す。鳥栖は前線の並びは変わったものの、基本のプレス戦術は変わらず。一方で広島は新システムから間もなかったり新しい選手も加入などもあり、序盤はパスミスなどからボールを失う場面が目立った。

前半20分ぐらいまでは鳥栖のペースで試合が進む。ゴール前まで運べない広島に対して鳥栖は結構フィニッシュまで持っていけていた。この日の鳥栖の攻撃のメインはロングボールを豊田に当てて裏に田川とイバルボが走る形。このスリートップで考えていた攻撃パターンはもっとあっただろうが、この試合ではそうした場面はあまり見られず。

徐々に広島も試合に慣れてきたのか、持ち前のボールポゼッションを見せ始め、ボールが収まり始める。広島の攻撃は両方のサイドがダイアゴナルに中に入ってくる。その空いたスペースにサイドバックが積極的にオーバーラップしてくる。新しい広島のメインウェポンはサイドアタックで、中にパトリックを中心として二列目が飛び込んでくる。このサイドバックのオーバーラップを上手く捕まえきれずに、鳥栖は主導権を握られることになった。

サイドバックに対しては中盤の三枚がスライドして対応し、両ウイングが一枚下がる形になっていたと思うが、両サイドが中に入ってくるのでサイドバックへの対応が遅れ気味で鳥栖は主導権が握れない。サイドで先手を取られ後手に回って受ける形となり、なかなか前からの連動したプレスも上手く機能せず。流れは広島のまま前半は終了。

起死回生のスーパーゴール

後半は選手交代なしでスタート。もう一度整理して、前線からプレスをかけていこうとする鳥栖。だが、前半からの流れを変えられず。やはりサイドで主導権を取れない。

後半6分、マッシモは早めに5バックを決断。前節でサイド攻撃を受け続けて逆転負けした事が影響してか、この日は決断が早かった。FW田川を下げ新加入のCBチョンスンヒョンを投入し5バックへ。

鳥栖は主導権を渡して跳ね返す選択をしたので、あとは跳ね返しつつ、カウンターの機会を伺う事になる。

対する広島は強烈な左足が持ち味のアンデルソンロペスから、小兵でスピードがあり、嫌らしいスペースをついてくる茶島を投入。この茶島がブロックの間でボールを受けて鳥栖を苦しめる。幾度となくサイドからクロスを入れられるも鳥栖のDFも粘り強く対応し続ける。

攻め手がなかなか見出せなかった鳥栖だが、後半20分頃イバルボに変わって途中出場のチョドンゴンの個の力により起死回生のゴールを奪う。ハーフラインやや手前、クロスの跳ね返しを豊田が潰れてボールをキープしチョドンゴンへ。GKの位置、寄せてこない広島DF、状況を瞬時に把握したチョドンゴンはセンターサークル付近からロングーシュートを放つ。前に出ていたGK中林の頭上を越えクロスバーに当たりゴールイン。素晴らしいゴールに思わず両手を挙げてガッツポーズ。

後は鳥栖は試合終了までしっかりブロックを引き前線はプレスをかけて守りきる事。広島はその後SB丹羽を下げFW工藤を投入、前線の枚数を増やしばんばんクロスを入れてくるも、虎の子の一点を守りきり鳥栖が逃げ切ることに成功し勝利。

前線の形は構築中か

試合は広島の方がいいサッカーをしたと思うが、劣勢の鳥栖が勝利。分厚い攻撃に耐えながら一発のチャンスをものにする、こういう試合は久しぶりに見た気がする。鳥栖のパフォーマンスがいいとは言えなかったが、こうした勝利もまた格別なものがある。

逆に広島は、いいサッカーをしながらも結果がついてこない。サッカーは難しいなと思う。サイド攻撃の構築もSBのオーバーラップ後のカウンターのリスク管理もよく出来ていて、バランスのいサッカーをしているなと思った。そうそう崩れるサッカーはしていないように思う。

鳥栖は今日の3トップがまだ未知数。マッシモは結果を出した選手を使うことが多いので、前線の組み合わせもまた流動的かもしれない。まだまだハードな気候が続く中、どれだけハードプレス路線で主導権が握れるか、といった所だろうか。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

2016 2nd ステージ 第5節(A)アビスパ福岡戦

いろいろと忙しく強行軍で博多の森へ。J1での九州ダービー第二戦。試合開始30分ほど前にレベスタに到着 […]

no image

FWの優先順位

2010のサガン鳥栖には、結構有名どころのFWが加入しています。 まずはトヨグバこと豊田陽平。山形時 […]

no image

J2第25節 サガン鳥栖 vs.ヴァンフォーレ甲府

今日は集中して試合を見たので気持ちが入った。その分負け試合が悲しかった。のどの奥がギュッと締まった。 […]

2015 2nd ステージ 第14節(H)名古屋グランパス戦

先ほど帰宅。残念ながら勝利とは行かなかったが、久しぶりにホームらしい勇気のある戦いが見れた。試合は0 […]

no image

2013J1第11節vsアルビレックス新潟戦(HOME)

先ほど現地より帰宅。相当な駄目試合だと思う。悪い面ばかりが出た。新潟は狙い通りの得点。2点目の成岡の […]

no image

2013J1第14節vs大宮アルディージャ戦(AWEY)

先ほどスカパー録画を視聴。jsgoalのベルデニック監督のコメントの通り。大宮はコンビネーションの成 […]

no image

天皇杯4回戦 VSモンテディオ山形

水曜ナイター現地観戦。90分終了時に退出。最終的に延長で敗北。 山形の前からのチェックがよくて、なか […]

no image

2011第36節vs.ギラヴァンツ北九州(HOME)

先程現地より帰宅。シーソーゲームの末に2-3の敗戦。個人的には浮かれていたと反省している。試合を見た […]

no image

J2第37節 サガン鳥栖 vs.大分トリニータ戦

昨日はベストアメニティスタジアム、最終戦にいってまいりました。 まずは、大分のコレオグラフィでお出迎 […]

no image

来季は

もうあと1節で全日程終了。早いもので、幸せなシーズンももうおしまい。そして年末。 今年は出席率は減り […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly