*

2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

   

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負いの虎は手ごわい。この日はアニメのユーリON Iceとのコラボで客入りはホークスコラボよりもいいくらい。

鳥栖の先発は左SBの吉田が復帰。長くかかるかと思ったが、しっかりと復帰してきた。前三枚は前節と同じくイバルボ豊田に河野が先発。対するガンバは451で長澤をトップにおいてトップ下に遠藤、を置いて左右に倉田、アデミウソンを置く布陣。

今季のガンバの特徴と言えばハイプレス。この節までの走行距離1位が鳥栖で2位がガンバらしい。走行距離が長ければ勝てるというものでもないが、両者ともにハイプレスを特徴とする。

ガンバジリ押しの前半

前半の展開で言えばガンバがやや押し込む展開。鳥栖はガンバのハイプレスが利いて上手くビルドアップができない。プレスを回避してからのロングキックもなかなか豊田も上手く落とす事ができず、攻撃に繋がっていかない。

イバルボもしっかりと研究、マークされボールの持ち方もスカウティングされているようで、すぐに二人で挟み込まれてボールを収める事ができない。また、たまに攻撃に移っても繋ぎで精度を欠いてシュートまで至らないプレーが目立った。

前半は遠藤のプレーと権田のプレーが印象的だった。鳥栖の中盤は3枚だが、河野が下がってくるのが間に合わずスペースがあると見るとそこにすっと入ってきてボールを受ける。上から見ていると当然のプレーだが、やはりよく周りが見えているのだと思う。

それと権田のフィードの上手さ。プレスに来ているDFを飛ばしてフリーで受けられるプレイヤーをしっかり見ている。セットプレーからのカウンターに繋がるフィードなんかも素晴らしい。キック精度もいいが、総合力の高いGKだ。

前半は耐える展開だったが、後半はしっかり守っていけばイバルボの個人攻撃で前節のようになるかなと思っていた。

淡白な失点から質の差で負ける

後半入り。両チームともに選手交代なし。しっかり守っていけばイバルボの一発、セットプレーで一発。勝ててないガンバはアウェイと言えどリスクを掛けてくるかもしれない。それに対応したカウンター。まだ勝ち筋は見えていた。

しかしながらそれらのプランもあっさりと覆される。人数かけてしっかり守っていたと思うが、ボックス外あたりからっ倉田のシュート一閃。吉田が詰め切れなかったか、シュートが良かったか。崩されたわけでもなく質で大事な先制点を奪われる。

ここから鳥栖はパワーを上げて前にでてくる。河野に変えてアンヨンウを投入。442にシステムチェンジ。鳥栖の攻撃が厚みを増す。左にアンヨンウ、右に福田のフォーメーション。福田が最後まで持つの?と思わせるようなスピードでボールを前に運ぶ。アンヨンウもコンビネーションはまだまだで周りと合ってないが、とてもスピードがありポテンシャルを感じさせる。ボールを持てる時間帯が続くが、決定的なチャンスを作るにはいたらない。

そんな鳥栖の時間に同点弾を引き寄せたのはまたしてもイバルボ。スピードにのった・単機のドリブル突破にたまらずエリア内でファールを犯すガンバDF。PKを決める豊田。

俄然鳥栖ペースながら、同点までにパワーを使った鳥栖。果たして試合終盤まで体力が持つだろうか、そんな心配をしていた所、ガンバに逆転弾。井手口が右足のアウトフロントキックでとんでもない精度のクロスを上げる。あそこで右足を振ったら普通クロスと思わないが、とんでもないキックを出してきた。これまた鳥栖が崩されたわけでもないが、井手口のプレーの質が凄すぎた。

逆転のあとガンバは5バックにして逃げ切りを図る。勝ててないガンバは是が非でも勝ちたい、そんな執念の見える交代だ。同点までに相当なパワーを使った鳥栖は、もう追いつく力がなかった。

パフォーマンスの差が勝負を分けた

守備はそこまで悪くなかったと思う。ポジショニングのとり方はこれまでと変わらないように見えた。それをガンバのプレーの質が上回ったように思う。

攻撃面では、復帰後初試合の吉田が一番いい時からすると、キレがイマイチだった。ゴール前、高橋からのサイドチェンジもこれまで見せたような瞬発力だったら届いただろう。豊田のヘッドもいい時からすると、そこまで勝ててない。豊田のポストからのパスミスも、仕方ないとはいえ度々ある。新戦力のアンヨンウも、個人のキレみたいなものを感じるが、まだ少し考えながらプレーをしていて攻撃の形ができていない。

 -Jリーグ, サガントス

ad

  関連記事

no image

2013J1第9節vsFC東京戦(HOME) 

先ほど現地より帰宅。残念至極。やはり先制点が欲しい。 1失点目はコーナーキックの崩れたところをミドル […]

東アジア杯VS韓国戦 藤田直之選手代表デビュー

昨晩行われた東アジア杯の韓国戦で、藤田直之選手が代表で初出場しました。初キャップおめでとう! 相手は […]

2016 2nd ステージ 第4節(H)名古屋グランパスエイト戦

温度湿度ともに高いきつい時期の連戦も一区切り。相手は、降格圏に沈んでいる名古屋。今節は他の試合もドロ […]

観戦ガイドのアイコン

ベストアメニティスタジアム マニア向け!その他のアクセス

※この情報は、2015年9月時点での情報です。 今回は、その他考えられるベストアメニティスタジアム( […]

2016Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第2節 (A)新潟戦

鳥栖の2016年のナビスコカップが始まった。山崎ナビスコが社名変更するので、通称ナビスコカップでカッ […]

2015 2nd ステージ 第11節(A)サンフレッチェ広島戦

シルバーウィークということで、前に書いた「ぶらり中国ドライブパス」を利用して広島まで。途中多数の鳥栖 […]

20151st ステージ 第17節(H)サンフレッチェ広島戦

ナイトゲーム現地観戦。またしてもロスタイム、ラストプレーでの劇的な同点弾。とにかくこれにしびれながら […]

no image

2011第24節vs.水戸ホーリーホック(HOME)

今日は現地観戦。結果は2-1の勝利。なんとか逃げきった形となった。前半を見る限り、今日の高温多湿のコ […]

no image

J2第26節 サガン鳥栖 vs.コンサドーレ札幌

勝ったらしいです。私は試合見てません。 実況掲示板やらJsgoalのコメントやらで確認したところ、ど […]

2016シーズンの監督、前FC東京のマッシモ フィッカデンティ氏に決定

マガト・インパルス 以前より来期の監督人事については、ドイツの名のある監督マガト氏の就任が取り沙汰さ […]

ad

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

*

ad

  • Jリーグが始まった年からぼちぼちとサッカー見てました。サッカー経験はないけど、子供とボール蹴るのは楽しい。40代二児の父。鳥栖サポ。

    詳しいプロフィール
2017 J1第24節(H)ガンバ大阪戦

前節の大宮戦で意気上がるサガン鳥栖。今節の対戦はガンバ。ガンバがこの所勝ててないのが気にかかる。手負 […]

2017 J1第23節(H)大宮アルディージャ戦

数日涼しい日があったが、また暑い夏に逆戻り。若干風があり、夜は少しはましな気温だ。今節はホームで大宮 […]

2017 J1第20節(H)清水エスパルス戦

毎度気候の事を書くが、この日も高温高湿度でハードな日だったが、台風接近で風が強くて幾分ましなコンディ […]

2017 J1第19節(A)サンフレッチェ広島戦

連日猛暑の毎日。それに加えて湿度も高い。夜になっても30度近くあって、とてもまともに運動できるような […]

2017 J1第18節(H)川崎フロンターレ戦

梅雨の高温多湿の環境でのフロンターレ戦。相手は水曜日に試合をして中2日という事で、コンディション的に […]

  • follow us in feedly